風水で運気アップ!寝室で気を付けるべきポイントを一挙に説明!
更新:2020.1.18作成:2019.7.27
Twitter
Facebook
Line

風水で運気アップ!寝室で気を付けるべきポイントを一挙に説明!

みなさんは良い睡眠を取れていますか?十分な睡眠時間を取っているのに、いつも眠たくなってしまう人は、寝室の環境を改善すると良いかもしれません。

この記事では、寝室の運気アップをサポートしてくれる風水の記事について紹介いたします。寝室のレイアウトで気をつけるべきポイントなどを詳しくまとめました。

Twitter
Facebook
Line

目次

風水とは概要

まずは風水の概要について紹介いたします。「風水」とは、今から4000年程前に中国で生まれたもので、気の流れをうまく活用して運気を好転させていく環境学のことです。

風水の「風」は風の流れ、「水」は水の流れを表しています。家はあなたが一番長く過ごす場所です。その家を心地よく丁寧な状態に保つことであなたの運気を家の中に貯めておくことができます。

運気の良い家に住んでいる人には必ず幸運が流れ込みます。家の中のインテリアの配置などを変えることで運気をアップさせることができるのが風水です。とても簡単で効果があるので非常に高い人気を誇っている開運術の1つです。

風水寝室の基本的な意味

風水においての寝室の意味について説明致します。寝室は運気を充電させて再生させてくれる場所です。寝室が風水的に良くない環境だと、眠りが浅いだけでなく、悪い気を溜め込みながら前日の疲れも引きずることになります。

疲れは身体の中に残ったままなので、体調を崩したり仕事のパフォーマンス低下を引き起こします。寝室の運気が悪いと、とくに夫婦関係や親子関係が悪くなるとも言われています。

食事などのキッチンやリビングで過ごす時間は短いですが、睡眠は短い人でも6時間ほどは同じ部屋で過ごすことになります。寝室は1日の疲れをとるための部屋で、風水の中でも最も大切な場所だと言われています。

寝室を良い環境にすることで、疲れがスッキリ取れて活力のある生活ができるようになります。

風水寝室で気をつけるべきこと

風水で寝室で気をつけるべきことは大まかに分けて4つあります。

・寝室の方角
・寝室で使用する色
・寝室で風水を取り入れるべきポイント
・寝室でのNGポイント

寝室の運気を上げるための風水のポイントをそれぞれ詳しく解説していきます。

風水ベッドの方角

風水では、寝室のベッドの配置が最も大切だと言われています。ベッドの方角がよくないと、神経質になって寝つきが悪くなったり、精神的に落ち着きがない状態が続きます。ここではベッドの配置について紹介していきます。

北の方角がベスト

風水でのベッドの配置は、枕の部分を冷たくして足元を暖めることで良い運気を貯めると言われています。一番ベストな枕の位置は「北」の方角です。

人間は、眠っているときに北から南に流れる良い気を体に吸収してくれるので、安眠に繋がり運気アップの効果があります。北向きの枕がベストです。

東向きはパワーアップに最適

北枕に配置するのが難しければ、西向きや東向きでも問題ありません。東枕は朝日が昇る方向なので活動的になりたい人にオススメです。

西向きは金運上昇の方角

西向きは金運アップの方角です、枕を西向きにすることで金運が期待できます。収入を増やしたい人や金運を上げたい人は、西向きを選んで試すと良いでしょう。

南の方角は避けるようにしましょう

寝室を良い環境にするとき、南向きだけはなるべく避けるようにしましょう。南の方角は「火」の性質を持っているため、南向きのベッドで寝ていると、気分が勝手に高揚して、寝つきが悪くなります。

日中はそれが望ましいですが、就寝時には、静かに安らぎを感じられる環境を作ることが大切です。南向きだけは避けることを覚えておきましょう。

風水寝室の方角に適した配色

風水を取り入れるときに、寝室の方角によって適した色というものが存在します。今日は家によって向いている色を取り入れることでさらに運気がアップします。それぞれの方角に適した色とその効果を見ていきましょう。

北側にある寝室にオススメの配色

北の方角に位置する寝室は、風水的には夫婦関係を表しています。北側の寝室にポジティブな気が流れているときは、子宝に恵まれ、家庭運が上昇します。

北向きの寝室は「水」の気質があるので、逆に暖色を使うと良いエネルギーを貯蓄することができるでしょう。

ピンク系の色を取り入れると、恋愛運や夫婦の絆を深めるのに効果があります。クリームやベージュ系の色は、心を穏やかにします。オレンジ系の色は健康運アップに最適です。カーテンや寝具などに取り入れてみましょう。

北東にある寝室にオススメの配色

北東の方角は変化を意味する位置です。北東の寝室を整えることで忍耐力をつけて逆境や困難を乗り切ることができます。鬼門といわれている方角なので、明るい色を取り入れると運気が上昇します。

赤色を取り入れると勝負運が強くなります。寝室のメインカラーにしてしまうと、火の性質が強くなりすぎて眠りが浅くなることがあるので、アクセントで小物などに使うようにしましょう。

白色を取り入れると、状況を再生させたり人間関係をリセットするなどの効果があり、変化することで運気が好転します。

西側にある寝室にオススメの配色

西の方角は健康運と金運に効果があります。西側に寝室がある場合は、寝具を上質のものにするとより金運を高める効果があります。西側は気持ちが強くなる方角なので、柔らかい印象のあるインテリアにすると良いでしょう。

クリーム色は財運を上げる効果があります。クリーム系とピンク系を合わせて使うと相性がよく運気アップの効果が高まります。ベージュは、土と金の性質があるので、金運、財運を育ててくれる色です。

南西にある寝室にオススメの配色

南西は夫婦関係を良好にする効果がありますが、南西の寝室がちらかっていると夫婦ゲンカが増え、汚れが目立つと女性の老いが進みます。配色を考えるのも大切ですが、整理整頓をして寝室を清潔に保つことが一番効果的だと言えるでしょう。

ラベンダーの色は知性をアップさせて自分を成長させてくれます。メインカラーにしてしまうと孤独感を感じたり、孤立することがあります。ポイントでうまく取り入れるようにしましょう。南西の寝室は背の低い家具を揃える方が運気アップに効果的です。

東側にある寝室にオススメの配色

東の方角は仕事運に関係があります。東の方角には「木」の性質があるので、木製のインテリアを取り入れると運気アップに効果的です。水色やブルーの色は、木の性質と相性が良いので、カーテンなどに使うと仕事運が上昇します。

南側にある寝室にオススメの配色

南の方角は「火」の性質が強く人気運に関係しています。もともと「火」の強い性質があるので、派手すぎる色を使うと、注意力散漫になったりイライラすることが多くなってしまいます。

グリーンの色をうまく取り入れると健康運をアップさせてくれます。白やベージュ、薄い黄色などもオススメです。

南東にある寝室にオススメの配色

南東にある寝室は、エネルギッシュ、活動的な生活と関係しています。「木」の性質があるので、木製の家具がオススメです。木のエネルギーがうまく循環するように、部屋の換気を大切にしましょう。

柔らかい色のオレンジを取り入れるとポジティブで若々しく過ごすことができるでしょう。強すぎないオレンジ色を選びましょう。黄色やクリーム色もオススメです。

風水寝室で気をつけるポイント

寝室で運気アップのために気をつけるポイントを詳しく紹介していきます。

常に清潔に保っておく

ベッドの配置にこだわっていても寝室が汚いと、風水の効果がほとんどなくなってしまいます。ゴミやほこり、寝るときに必要のないモノが散らかっている寝室は運気が低下します。まずは寝室を綺麗な状態に保つことが大切です。

モノがちらかっている寝室だと心が落ち着きません。清潔にするだけでなく整理整頓も忘れないようにしましょう。

カーテンを二重にする

寝室のカーテンが薄いとせっかく貯まった良い運気が逃げて行ってしまいます。カーテンは薄いレースのものと分厚い遮光カーテンで二重にして、良い運気をしっかりと確保するようにしましょう。

起きたらすぐに換気をする

朝起きたときには、寝ている間に出てきた悪いエネルギーが部屋に溜まっている状態です。起きたらすぐに窓を開けて換気をするようにしましょう。空気がうまく循環できるので良い運気だけが部屋に残ります。

寝具の素材にこだわり、清潔に保つ

寝ているときに何より大切なのは心地よさです。寝室に風水を取り入れるのであれば、肌に優しい素材でできた心を揃えるようにしましょう。寝具に上質のコットンやシルクのパジャマを使うなど、安心して眠りにつける素材がベストです。

寝室のスペースをしきる

風水にこだわってインテリアを見直したいという人も、ワンルームの部屋の人もいますよね。寝室、リビングとうように部屋を分けるのが難しい人は、せめて寝室部分のエリアだけラグマットを引いたりパーテーションで区切るなど、寝る場所を仕切るように心がけましょう。

ベッドの照明を調節する

ベッドの照明は真っ暗だと陰の気が強くなり、運気が低下します。就寝時には間接照明やキャンドルなどをつけて少し明るくするのが良いでしょう。

風水寝室でのNGポイント

風水で運気を上げるときに、寝室で避けるべきポイントを解説していきます。

自分の寝姿が鏡に映る

寝室の鏡に自分の姿が映る環境は風水的には運気をダウンさせる原因になります。本来なら出て行くはずの悪い運気が自分のところに跳ね返ってきてしまいます。鏡を移動させることができない場合は、寝るときに布をかけて鏡を隠すようにしましょう。

壁との間にすきまがあるベッドの配置

寝室に置いているベッドと壁との間にすきまがある場合、その間からポジティブなエネルギーが逃げていってしまいます。ベッドは壁にぴったりとつけて配置するようにしましょう。

ぬいぐるみが寝室にたくさんある

ぬいぐるみは、風水では死のエネルギーを意味します。ぬいぐるみは、持ち主の過去のネガティブなエネルギーが含まれています。エネルギーが停滞していたりネガティブなものを寝室に置いておくと、恋愛運を低下させてしまいます。

電化製品が多い

ベッドの上でパソコンを使っていたり、枕のすぐ横に携帯を置いているなど、寝室に電化製品が多いと、眼や頭が冴えて神経が休まりません。眠りが浅いなど睡眠障害の原因にもなります。寝る前には、できるだけ電磁波に触れないようにすることが大切です。

ベッドがドアの延長線上にある

健康運低下のおそれがあるため、風水では「頭を入り口の方角に向けない」というのが基本的なルールになります。どうしても避けられない場合は、入り口とベッドの間にラックを置いたり、ついたてを立てて、運気が逃げるのを防いであげましょう。

寝室に水気のあるものをおく

ベッドのすぐそばに、花びんや水槽などのインテリアがあると、運気低下の原因になります。とくに健康運低下のおそれがありますので、水気のあるものは寝室からはなして置くようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?人間は、人生の3分の1以上を睡眠に費やしています。風水を取り入れるだけで家の気の流れがガラっと変わります。風水で運気が上がるのを体感すると、楽しくなってとことん追求したくなる人もいますが、全てを取り入れるのは難しいです。

家の配置や部屋の間取りなど、制限された中で自分のできる範囲で風水をうまく取り入れるようにしましょう。眠りを深めて運気を上昇させましょう!

Twitter
Facebook
Line

この記事のライター:

mint

mint

mint公式アカウント