【夢占い】銀行に行く夢は何のサイン?銀行の夢の意味を調査
更新:2019.8.27作成:2019.8.13
Twitter
Facebook
Line

【夢占い】銀行に行く夢は何のサイン?銀行の夢の意味を調査

夢占いにおいて銀行はトラブルや自身の現在の精神状態などを象徴し、自分の自信やお金に対する興味・関心が高まってきている心理状態を表しています。
銀行はお金と関わりが深いことから、お金に関係する意味を表すことが多いと思われがちですが、実際はどのような意味をもっているのでしょうか?

Twitter
Facebook
Line

目次

銀行に行く夢をパターン別に解説

銀行に行き、あなたが何をしていたのかによっても夢占いの解釈は変わってきます。
ここでは、銀行に行く夢占いをパターン別に解説していきます。

銀行へ行く夢

あなたが銀行に行く夢は、あなたが自分に自信をもって行動することができていることを表しています。
今のあなたは、学ぶことに楽しさや喜びを感じていて、次々と新しい物事に挑戦したいという気持ちが高まっています。
また、自分がこれまでしてきた経験を生かす機会がおとずれることを暗示する意味もあります。
銀行に向かっている最中だったのであれば、あなたにこれから新しい何かがおとずれるサインです。
あなたを成長させてくれるきっかけになるため、積極的に受け入れる準備をしておきましょう。

銀行に行き働く夢の意味は?

あなたが銀行に行って働いていたのであれば、あなたがこれまで歩んできた道は正しいことを示しています。
全体的な運気が上昇傾向にあり、これまで通りの生活を続けていれば自然と幸運が舞い込んでくることを意味しています。
銀行で働く夢をみるのは、安定した人生を送ってきた人や何事にも真面目で誠実に取り組んできた人が見やすい夢だと言われています。
真面目で誠実というのはあなたの長所でもあるため、今後も大切にしていきましょう。

銀行でお金を振り込んでいた夢の意味は?

あなたが夢の中で銀行に行きお金を振り込んでいたのであれば、あなたがこれまでの経験を活かして成果を得ることができるサインです。
夢の中で振り込んでいた金額が高額であるほど大きな成果が得られることを意味しています。
今のままで成功を掴み取ることができるか不安に感じている人は、安心して今のまま努力を続けてください。
あなたが諦めたり努力を怠らない限り、大きな成功がついてきます。

銀行に行きお金をおろしていた夢の意味は?

あなたが夢の中で銀行に行き、お金をおろしていたのであれば、あなたの人生の転換期がやってきたことを意味しています。
これまでしてきた努力が報われる時期でもあり、1つの大きな物事が終了することを示しています。
人生の節目であるとも言える時期であり、新たな物事に挑戦していくことも良いでしょう。
努力は引き続き必要となりますが、あなたの運気は好調なので自身をもって次の課題にとりくんでいってください。
あなたの人生が良い方向へと向かっていることを示す吉夢であると言えます。

銀行に行きお金をおろせなかった夢の意味は?

お金をおろす目的で銀行に行ったのにも関わらず、お金をおろすことができなかった夢は、あなたに大切な何かが欠けているというサインです。
自分で何が欠けているのか分かっていない場合は、夢の中にヒントがあるはずです。
あなたはそれが何か分かっていようといまいと、何かが欠けていることには気づくことができています。
自分の欠点を認められるということは、それだけ成長できるチャンスがあるということです。
自分に欠けているものを見つけ出し補うことができれば、人としても大きく成長することができます。

銀行に行きATMを探す夢の意味は?

銀行に行きATMを探している夢は、あなたが結果を出せないことに対して不安や焦りを感じているサインです。
結果を得るためには、それまでの過程も大切になります。
今のあなたは人に認めてもらいたいといった思いが強く、結果を出すことだけにこだわって焦りを感じている状態です。
一度結果ではなく過程に目を向け行動することで、効率よく結果を出すための行動に取り組むことができるでしょう。
また、同時に焦っていた気持ちも自然とやわらいでいきます。

銀行に行き銀行強盗と出くわす夢の意味は?

あなたが夢の中で銀行へ行き、銀行強盗と出くわしたのであれば、あなたの周りに敵対心や悪意をもっている人物がいることを意味しています。
あなたのもつ能力や人からの信頼に対して嫉妬の感情を抱いている人物が身近にいるサインです。
完全な逆恨みになりますが、相手はあなたのことを陥れ評価を下げようとしています。
相手から攻撃の意志を感じたら、早い段階で信頼できる人物に相談しておくことで、今後も助けになってくれるでしょう。

銀行に行き銀行強盗にお金を奪われる夢の意味は?

あなたが銀行に行き、銀行強盗に襲われお金を奪われていた夢はあなたの金運が著しく上昇しているサインです。
銀行強盗に出くわしお金を奪われるといった予想外の出来事から、あなたに予定外の嬉しい臨時収入が入ってくる可能性があります。
得たお金は、自分の欲のためだけに使うのではなく、家族や友人など日頃お世話になっているような人々に感謝の気持ちを込めて使うことでより大きな運気を呼び込むことができるでしょう。

銀行に行きあなたが銀行強盗をしていた夢の意味は?

銀行強盗をする目的で銀行に行っていた夢は、あなたが抱えきれない大きなストレスを抱えているサインです。
法律を犯してまで大量のお金を手に入れようとするのは、あなたが愛情に飢えている状態を表しています。
あなたは誰かからの愛情を受けることによって、自分の抱える大きなストレスを緩和したいと思っています。
また、銀行強盗をする夢は、愛情に飢えている状態を表すことから恋愛運が大きく下降しているといった意味ももっています。
仮にあなたに恋人がいたとしても、態度が冷たかったり他の異性に気をとられていたりと愛情を感じることができていない可能性があります。
ただし、ここであなたが相手を束縛したりわがままばかり言ってしまうと関係が悪くなり別れる結果となりかねません。
自分の欲求をコントロールし、信頼できる人物に悩みを相談することで解決策を見つけ出すことができるでしょう。

■まとめ:銀行に行く夢は何のサイン?銀行の夢の意味を調査はいかがでしたでしょうか?

銀行の夢は、意外とお金に関する意味よりも、「あなたのこれまでとこれから」「現在のあなたの精神」を表す意味が多くありました。
夢占いの意味を知りたい時は、あなたが銀行に行き何をしていたかを覚えておきましょう。

a

Twitter
Facebook
Line

この記事のライター:

mint

mint

mint公式アカウント