【夢占い】月に行く夢は何のサイン?月の夢の意味を調査
更新:2019.8.27作成:2019.8.17
Twitter
Facebook
Line

【夢占い】月に行く夢は何のサイン?月の夢の意味を調査

月は夢占いにおいて慈愛や戸惑い、運そのものなどを象徴しています。
そんな月に行く夢は、あなたが新しいステップに発展していくことを予感させる意味をもちます。
あなたが夢の中で行った月の様子などによっても月に行く夢の意味は異なります。
ここでは、月に行く夢占いの意味についてパターン別に解説していきます。

Twitter
Facebook
Line

目次

あなたが夢の中で行った月はどんな月だった?

あなたが夢の中でどんな月に行ったのかでわかる夢占いの意味について解説していきます。

三日月に行く夢の意味は?

月というのは本来球体なのですが、太陽の光が当たる部分が光って見えることから私たちにはさまざまな形で見えています。
三日月に行く夢は、月が満ちていく最中なのか欠けていく最中なのかによって意味が異なります。
満ちていく最中の三日月に行く夢であれば、あなたの運気が上昇していくサインです。
特に仕事運や恋愛運が上昇傾向にあり、思わぬボーナスが手に入る可能性もあります。
反対に、月が欠けていく最中の三日月に行く夢であれば、運気が下降していくサインです。
物事が上手くいかなかったり停滞する時期なので、あまりアクションは起こさない方がいいと言えます。

半月に行く夢の意味は?

半月も三日月同様満ちていく最中か欠けていく最中かによって意味が異なります。
半月が満月へと近づいていたのであれば、あなたの抱える人間関係に対する悩みが解消されるサインです。
人付き合いが上手くいって無かった場合や誰かと喧嘩をしてしまっていたのであれば、わだかまりなく解決することができます。
反対に、半月が徐々に欠けていくのであれば、人間関係に対する悩みが悪化するか新たに生まれる可能性を示唆しています。
人間関係を良くしようと行動を起こそうとしているのであれば、それが余計に関係をこじらせることを意味するため、一度考え直してください。

満月へと行く夢の意味は?

夢の中であなたが満月に行ったのであれば、あなたの恋愛運が著しく上昇していくことを意味します。
現在フリーの人には素敵な出会いが、恋人がいる人は次の段階へと、結婚している人は子宝に恵まれ、すでに子供がいる人はより家族のきずなが深まるサインです。
非常に強いパワーをもつ満月ですので、運気の上昇率もかなり高いです。

歪な形をした月に行く夢の意味は?

あなたが夢の中で歪な形をした月に行く夢を見たのであれば、歪な月はあなたの精神を表すことからあなたの精神状態が不安定であることを意味しています。
月の形が複雑である程にあなたの精神状態が悪いサインです。
歪な月に行く夢を見たのであれば、あなたが現実世界で大きなストレスを感じている可能性が高いです。
今の状態が続くとストレスが溜まっていく一方なので、趣味に取り組んだり友人とショッピングに言行ったりなどして気分をリフレッシュすることが大切です。

夢の中であなたが行った月は何色だった?

あなたが夢の中で行った月が、何色の月だったかによってわかる夢占いの意味について解説していきます。

赤い月に行く夢の意味は?

あなたが夢の中で赤い月に行っていたのであれば、あなたの中でエネルギーが満ち溢れていることを意味します。
赤色が濃いほどにあなたの情熱ややる気といったエネルギーが強くなっているサインです。
また、赤色が鮮やかだったり輝いていた場合は運気も上昇傾向にあることを意味します。
積極的に物事に取り組んでいくことで、あなたは大きな成功をつかみ取ることができるでしょう。
ただし、赤い月にいるあなたがネガティブな感情をもっていたのであれば、トラブルに見舞われる可能性があることを示しているため注意してください。

青い月に行く夢の意味は?

ブルームーンとも呼ばれる青い月にあなたが行っていた夢は、人間関係における運気が上昇傾向にあるサインです。
夢占いにおいて、青は知性や冷静さ、落ち着いた心を象徴しています。
社交性が高まり、どんな人とでも上手く付き合うことができるようになっていきます。
穏やかな心があなたの行動や態度にも反映されることで、周囲からの評価や信頼も自然と深まっていくでしょう。

オレンジ色の月に行く夢の意味は?

あなたが夢の中で行った月がオレンジ色だったのであれば、あなたの社交性や勇気が高まってきているサインです。
新しい物事に挑戦したり、新たな出会いを求めて行動することであなたの運気は最大限にプラスに働いてくれます。
現在好きな人がいて思いを伝えられていないのであれば、今が気持ちを伝えるのにピッタリの時期です。
人との関わりや繋がりが大切な仕事に就いている人は、大きな成功を収めることができるでしょう。

白い月に行く夢の意味は?

あなたが夢の中で白い月に行っていたのであれば、あなたの中にある慈愛の心が強まっているサインです。
あなたの中で、人の役に立ちたい、人のために行動したいという思いやりの気持ちが強くなっていることを表しています。
あなたは自分の気持ちに素直に行動し、人に優しさを与えていくことで自身の運気をアップさせていくことができます。
また、人間関係も良好になり、人との信頼関係がより深まっていくでしょう。
ただし、見返りを求めた優しさや、お節介になるほどの優しさは相手にとって時に迷惑になってしまいます。
相手が困っているときに手を差し伸べるなど、状況を考えてから行動に移すことでトラブルを防ぐことができます。

黒い月に行く夢の意味は?

あなたが夢の中で行っていた月が黒かった場合は、あなたの運気が著しく低下してしまうことを意味しています。
特に金運が低下しやすく、金銭トラブルに巻き込まれたりお金が原因で人との関係が悪くなったりしてしまう可能性が高いことを示唆しています。
人から騙される可能性もあるため、うまい話や誘惑などには注意してください。
また、恋愛運も低下しやすいため、恋人や好きな人との関係にも注意しておいた方がいいでしょう。

■まとめ:月に行く夢は何のサイン?月の夢の意味を調査はいかがでしたでしょうか?

月に行く夢は、基本的に吉夢であることが多いです。
ですが、月の状態や色によっては凶夢や警告夢になる可能性もあるため、月に行く夢を見た時は月がどんな様子かなどに注目して見てみましょう。

Twitter
Facebook
Line

この記事のライター:

mint

mint

mint公式アカウント