【手相占い】ますかけ線について徹底解説 手相のますかけ線の見方のポイントをまとめました
更新:2020.1.17作成:2019.10.30
Twitter
Facebook
Line

【手相占い】ますかけ線について徹底解説 手相のますかけ線の見方のポイントをまとめました

手相を占ってもらったことはありますか?プロの手相占い師に見てもらったことはなくても、雑誌の特集などで見かけて、自分の手相と比べたことが、一度はあるのではないでしょうか。今回は、手相の中でも、「ますかけ線」について詳しく見ていきたいと思います。手相はとても身近な占い方法なので、手相の「ますかけ線」についても、もしかしたら聞いたことがあるかもしれませんね。手相の「ますかけ線」について、あなたはどれくらいのことを知っていますか?どのようにして見るのか、どんな時にあらわれるのか…など、興味ありますよね。では、詳しく見ていきましょう。

Twitter
Facebook
Line
目次

手相でますかけ線はどんな意味があるのか

 

手相にあらわれる主な線のひとつを、ますかけ線といいます。このますかけ線は、どのような状態で現れているかによっても意味が大きく違ってきます。そして、左右どちらの手にそのサインがでているかによっても、意味が異なってきます。また、手相は変わりやすいといわれています。今現在あなたの手のひらにますかけ線の相が出ていたとしても、暫くすると線が濃くなっていたり、反対に気が付かないうちに消えていたりすることがあります。また、ハッキリとしない薄い線で出ているため、ますかけ線があらわれていることに、自分では気が付けない場合もあるでしょう。では、ますかけ線はどのような時に現れるのでしょうか。そして、ますかけ線が現れた位置によって変わるその意味を、現れた位置事に説明していきましょう。

ますかけ線とは

 

ますかけ線とは、人差し指と親指の付け根の間から伸びる「知能線」と、小指の下から人差し指の中指方向へ向かって伸びる「感情線」が1本に繋がり、手のひらを水平に横切る線のことをいいます。一般的には、知能線と感情線はそれぞれ別方向から出て、交わらずに上下に分かれているのが普通です。その知能線と感情線が一直線につながっているので、とても珍しい手相になります。ますかけ線は、「猿線」や「百握り」と呼ばれ、「一度掴んだものは離さない」といわれている手相で、強運の手相として有名です。とても縁起が良い手相のひとつです。この手相の持ち主は、天才肌タイプの人が多いといわれており、歴史的な人物のなかでは、織田信長や豊臣秀吉がこの手相を持っていたといわれています。ぱっと見は、手の平に「て」という字が刻まれているように見える手相がマスカケ線です。ますかけ線を持つ人は、先天的に運が強いといわれています。この手相の持ち主は、志を持った生き方や自分なりの目標に巡りあい、努力を重ねれば、その道のトップとなり大成功を収めるとされています。しかし、目標や志を持たず、ただ漠然と日々を過ごしていると、本来持って生まれた強運を活かしきれず、平凡な人生を送ることになります。ますかけ線を持っている人は、良くも悪くも浮き沈みが激しい人生になる傾向もあります。しかし、大きな志を持ち、その道に向かって努力を重ねていくと、驚くような才能を開花させることができるでしょう。その結果、人生を謳歌していくことができる人だといえます。類まれなる強運の証とされる「ますかけ線」は、手相で強運の相と言われ、広く知られています。このますかけ線は、大変に珍しい手相で、片手に現れているだけでも珍しく、ましてや両手に現れている人は、ほとんどいないとされています。この大吉相とされる「ますかけ線」について、詳しく説明していきましょう。

手相でますかけ線はどんな意味があるのか

 

ますかけ線は、知能線と感情線が一つとなり、真っ直ぐ掌を横切る線のことをいいます。「猿線」や「百握り」とも呼ばれ、つかんだ運は絶対に放さないと言われており、大変縁起の良い手相として広く知られています。「天下取りの相」とも呼ばれ、人の上に立ちリーダーシップを発揮する人が多いようです。織田信長や豊臣秀吉がこの手相を持っていたといわれているからでしょうか。現代では、元野球選手のイチローさんや元総理大臣の小泉純一郎さんにこの相があるようです。このますかけ線の手相が現れている人は、強運に恵まれ、天才的な才能を持っているといわれています。集中力が非常に高く、驚くような力を発揮するでしょう。この手相の持ち主は、コミュニケーション能力にも長け、人を惹き付ける魅力も持っているカリスマ性があるタイプといえるでしょう。頑固でこだわりが強い面がある性格の人が多く、成功と人の恩恵が約束されているとはいわれるものの、能力が発揮できる環境にないと持っている運を活かすことができず、力は発揮されない可能性があります。また、この手相の持ち主は勝負運も強いので、逆転勝ちを収めることも多々あります。どん底からの大成功、大成功の後のどん底などと浮き沈みが激しいのも、このますかけ線の手相の持ち主の特徴でしょう。人生の大逆転が狙える運命にあり強い運勢を持った人だと言えるでしょう。

ますかけ線の見方

 

ひとくくりに「ますかけ線」といっても、どのような相となってあらわれているかによって、意味が異なってきます。手相を見るときに重要となるのは、「どちらの手で見るか」ということです。左右どちらの手にこのますかけ線が出ているかによって意味が異なってくるため、どちらか一方の手だけではなく、両手の手を見て判断するのと良いでしょう。では、実際どのようにあらわれるのか、詳しく見ていきましょう。

ますかけ線を補う線がある場合

ますかけ線から支線があるますかけ線が手相に現れている人は、努力をして後天的に能力を開花させるタイプの人にみられる手相です。生まれながらというよりも、自分自身の努力によって、新たな能力を発揮したり、才能を開花させていくことができるでしょう。また、てのひらを部分ごとに領域に分けて「丘」とよび、その丘にもそれぞれに司っている意味があります。ますかけ線から出ている支線が、どの丘に向かって延びているかによっても、どのような才能や能力を身につけてきたのかということを知ることができます。

変形ますかけ線の場合

「変形ますかけ線」は、もともとは一般的な手相と同じように別々の感情線と知能線を持っていた人が、後天的な本人の努力によって、いつの間にか1本に繋がり、マスカケ線になっていたという場合があります。一生懸命に才能や能力を磨く努力をしていくと、知能線や感情線の足りない部分を補うように支線が伸びて、いつの間にかますかけ線になるといわれています。このような場合もマスカケ線の一種とみなされており、ますかけ線特有の大変個性的な性格がみられることになります。リーダーシップを発揮することもでき、自分が定めた目標や目的を達成するまで徹底的に努力し、やり遂げます。また、このような後天的な変形ますかけ線を持つ人は、大変な苦労や葛藤を乗り越えてきた人が多く、そうした経験から人の心の痛みを理解することができ、感情も豊かで優しい人が多いといわれています。本人が努力を重ね自分を磨いてきた結果、とても魅力的な人間性を持つ人が多いのも特徴です。この手相の持ち主は、人に頼られ、そして愛される人になるでしょう。後天的にできた変形 ますかけ線の人は、波乱万丈な人生を送る人が多いものの、人生の後半になると、それまでの努力が報われ、比較的穏やかで豊かな人生を送ることができるでしょう。

ますかけ線が鎖状になっている場合

ますかけ線の中には、その線が鎖状に連なっている場合があります。この手相の持ち主は、基本的におとなしく、内向的な面が強い性格の人が多いといわれています。しかし、その一方でますかけ線特有の大胆な一面も持っており、両極端な性格が介在している傾向にあります。そのため、このますかけ線が現れている人は、精神的な落差が大きいとも言われています。また、直観力にも長けているため、その分繊細な面があるといわれています。理屈では考えられないような技術が必要な分野で輝きを放つこともあります。他の人には簡単には習得できないような特別な分野で類まれな力を発揮する可能性があるタイプだといえます。美的センスに優れたタイプで、芸術面での才能を持っている人が多いのも特徴です。そのためアーティストとして大成している人にも良く見られるますかけ線でもあります。また、このますかけ線を持っている人は、「天下取りのますかけ線」といえども、人間関係で苦労する可能性があるといえるでしょう。この手相の持ち主は、独りよがりになりがちなところや強情なますかけ線特有の性格が、ネガティブに作用してしまうことがあるからです。この手相の持ち主は、そうした面をよく理解し、芸術的な才能や、普通の人には簡単に達成できないような技術を身に着けるなど、その特別に光る才能を活かせるように、たゆまぬ努力を重ねると良いでしょう。

ますかけ線の知能線が上向きで合流している場合

ますかけ線の中には、端から端まで知能線と感情線が1本につながっているのではなく、途中で知能線と感情線の2本が合流している手相になっていることがあります。この手相は、知能線の端が上向きに感情線と合流している場合は、正義感が強く、困難を克服する力が強い人であることを意味しています。この手相を持っている人は、何事にも没頭して取り組むタイプが多く、自分で決めたことは必ずやり遂げるタイプといえるでしょう。そのため、大きな成果が得られるタイプでもあります。この手相を持っている人は、本人が熱心に取り組んでいるものが、結果的に周囲から認められ、称賛されることになるでしょう。この手相を持っている人は、型破りな発想で人の役に立つことができ、成功を手にするといわれています。しかし、常識にとらわれた周囲の人から足を引っ張られ、邪魔されることがあるでしょう。そのため、自分のアイデアを形にしたい場合は、アピールする方法に注意を払う必要があるでしょう。また、この手相を持っている人は、現実的な人が多いでしょう。そのため、お金などに執着があると見なされる傾向にあります。

ますかけ線の知能線が下向きで合流している場合

ますかけ線の中には、端から端まで知能線と感情線が1本につながっているのではなく、途中で知能線と感情線の2本が合流している手相になっていることがあります。この手相は、知能線の端が下向きに感情線と合流している場合、非常に常識的で、物事に細やかな気配りができるタイプであるとされます。この手相の持ち主は、他のますかけ線の人よりも、責任感は強いといわれています。しかし、このますかけ線を持つ人は、とにかく自分の意見を曲げることができないタイプで、それが原因で人との信頼関係が崩れることも多くなりがちです。恋愛面でも同じことが言えるでしょう。このタイプは、恋愛でも独りよがりになりがちで、破局することが多い傾向にあるでしょう。しかし、強運とされるますかけ線の持ち主なので、そうした数ある困難を乗り越えて、結果的には絶大な成功を手にする可能性が高いでしょう。しかし、その持ち前の強運がどのように発揮されるかは、本人次第になるでしょう。ますかけ線の強運が、自分にとって正しいことに使われるかどうかは、結末を見るまでハッキリしないことが多いとされています。

橋渡し線があるますかけ線の場合

ますかけ線のなかには、変形したものがあり、一見ますかけ線にみえないものもあります。感情線から伸びる橋渡し線が知能線に合流している場合も、ますかけ線のひとつになります。この手相の持ち主は、こだわりや信念を持っており、努力を積み重ねて、大きな成功を収めるといいます。これは、日々たゆまぬ努力を続け、人間的な成長を続けた結果、後天的にマスカケ線の要素を獲得した証ともいえます。苦労を重ねて実力を身に着けた、超のつく努力家の一面があることを物語っている手相といえるでしょう。この手相の持ち主は、精神的にもタフなので、何事にも強いこだわりを持って取り組むでしょう。その結果、いつのまにかこのようなますかけ線が現れている場合が多く、この手相を持つ人は、将来的な期待値がかなり高いタイプといえるでしょう。

ますかけ線が途中で枝分かれしている場合

ますかけ線のなかには、変わった形のものもあり、ますかけ線の途中から知能線と感情線が枝分かれしている場合もあります。この手相が現れている人は、何事にも粘り強く取り組む傾向にあり、また何事にも柔軟に対応ができる性格の持ち主であるとされます。この手相の持ち主は、芯の強さがあり、根性もあるので、多少の障害ではへこたれることはないタイプでしょう。このますかけ線を持つ人は、ますかけ線特有のこだわりの強い面は弱く、状況に応じて柔軟な考え方ができるタイプでしょう。頑固で柔軟さに欠けるタイプが多いとされるますかけ線の持ち主の性格としては、珍しいといえるでしょう。ますかけ線の手相の持ち主特有の独立心の強さはあるものの、協調性ももちあわせており、どのような場でも活躍できる人物であるといえるでしょう。なので、独立開業しても、会社員として組織の一員となったとしても活躍できるので、ますかけ線の持ち主のなかでも特に活躍の場が広いタイプといえるでしょう。どのような場でも、絶大な力が発揮できるタイプです。もし、枝分かれした知能線が長ければ、クリエイティブな分野で大成するでしょう。

生命線・知能線・感情線が一点で重なるますかけ線の場合

ますかけ線の中には、一見ますかけ線には思えないものもあります。珍しいますかけ線のひとつに、生命線、知能線、感情線が一点で重なるますかけ線があります。このますかけ線が現れている人は、お金に対するこだわりや執着心が強いといわれています。他のますかけ線の人よりも、圧倒的にお金儲けの才能と能力に秀でているタイプといえるでしょう。お金儲けに関わる直感がとても冴えているタイプなので、「儲かる」と直感でピンときたものに投資したり、集中して取り組んだりすると、莫大な利益を手にする可能性が高いでしょう。この手相の持ち主は、お金儲けにつながるようなアイデアがどんどん浮かぶ人なので、一代にしてしっかりと財産が築けるでしょう。ただし、自分の能力が存分に発揮できる、自分に相応しい環境を見つけだす必要があるでしょう。この手相の持ち主は、日常生活においても損得勘定で行動する傾向にあるでしょう。この手相の持ち主は、大胆にお金を動かし、繊細にお金を管理・運用することができる才能と能力を持った人です。お金にがめついと思われる可能性は高いですが、その分才能を活かすことができれば、穂と寄りも豊かな暮らしが手に入る可能性がとても高いタイプだといえるでしょう。

直線的な感情線が知能線に合流しているますかけ線の場合

ますかけ線には、一見ますかけ線とはわからないような変わった形のますかけ線があります。真っ直ぐな感情線が知能線と合流しているますかけ線の場合は、責任感が強く、コツコツと努力を積み重ねて大きな成功や強運をつかむ人に現れるとされています。他のますかけ線と同様、強い意志を持っており、真面目な性格ですが、このますかけ線の持ち主は、愛情表現があまり得意でないのが特徴でしょう。愛情表現が得意でないことが原因で、上手く自分の愛情を相手に表現することができず、愛情が薄いと勘違いされることも多々あるでしょう。また、この手相の持ち主は思い込みが激しい面があり、自分が正しいと思ったことを信じすぎる傾向にあります。そのため、それが間違っていても気が付くことが遅くなり、どんどん突き進んでしまいます。そのため、苦労することが増える可能性があります。このますかけ線を持つ人は、ますかけ線と他の線の良い要素を、バランスよく合わせ持つタイプといえるでしょう。

準ますかけ線の場合

準ますかけ線とは、知能線と感情線が後天的にハッキリとした線でつながったもののことをいいます。このますかけ線が現れている人は、何事にも強い意志をもって取り組み、困難を乗り切る力を持っているといえるでしょう。この手相が現れている人は、一度決めたことは最後までやり遂げるといわれています。この手相の持ち主は、困難の度合いが高いほど、力を発揮する傾向にあります。この手相の持ち主は、普通の人がストレスと感じることも、それほど気にならないほどの精神的な強さを持っている人でもあります。そのため、ストレスを溜めにくく、ストレスを感じたとしても上手に発散できるタイプでしょう。精神的に安定しており、常に冷静な判断ができる人が多いとされている手相です。このますかけ線を持つ人は、自力で多くの苦難を乗り越えて忍耐強さや精神的な図太さを身に着ける傾向いあるといわれています。

ますかけ線上から伸びる運命線や太陽線がある場合

ますかけ線から、上方向に運命線や太陽線が伸びているますかけ線を持つ人もいるでしょう。ますかけ線から運命線が伸びている場合、何事も成功するとされています。この場合、ますかけ線から伸びている運命線が、長ければ長いほど、強運の度合いが強いとされています。特に、薬指の付け根の領域に太陽線が伸びている場合は、成功運や金運が高いとされており、多くの幸運が実感できるでしょう。いずれの場合も、このますかけ線を持つ人は、何らかの成功を収めるとされており、満ち足りた人生が送れるといわれています。このますかけ線、運命線、太陽線の3つが同時に現れている場合、人生の折り返し地点までに、自分が掲げた目標を達成するといわれています。また、もし両手にこの3つの線が現れていた場合、人生最大の幸福を獲得することが約束されているといえるでしょう。

二重感情線と二重知能線を持つますかけ線の場合

ますかけ線に、感情線と知能線が二重に現れる場合もあるでそう。この手相が現れている人は、強運の持ち主であり、とびぬけた閃きを持っているとされています。その上、愛情深い性格であるといわれています。そのため、この手相の持ち主は、家族や周囲の人に対して献身的で、深い愛情を注ぐタイプといえるでしょう。なので、情に弱い面があり、情に流されることが多くなる傾向にあります。情に流されて騙されやすいタイプとも言えるでしょう。しかし、情が深いタイプなので、人からの信頼を得るタイプであり、人からの助力も得やすい人といえるでしょう。そのため、リーダーとしての素質に格段に優れているという一面も持ち合わせているタイプです。目的を達成するための努力も惜しまないタイプなので、最終的には大きな成功を手にするでしょう。ますかけ線の持ち主に見られる、いつなんどきも冷静な判断力を発揮できる能力は、愛情深さによって発揮されにくいといえるでしょう。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。「ますかけ線」と言ってもいろいろな種類があり、手相でますかけ線を見るには、さまざまなタイプのますかけ線を見分けることが重要だったのですね。あなたの手相には、今回見たますかけ線の相は出ていましたか?あなたの手相にも、当てはまるところがあったかもしれませんね。もし今なかったとしても、手相はどんどん変わっていくといわれているので、この先、あなたの手相にもますかけ線が現れるかもしれません。手相でますかけ線が意味することを知っていたら、女子会や飲み会でも、このますかけ線の手相の話題で盛り上がれるのではないでしょうか。あなたの周りの友達や家族の手相も見てあげられますね。手相でますかけ線をどのように見るのか、ぜひ教えてあげてください。

Twitter
Facebook
Line

この記事のライター:

mint

mint

mint公式アカウント