【手相占い】手相 仏眼について徹底解説 手相の仏眼の見方のポイントをまとめました
更新:2020.1.17作成:2019.10.31
Twitter
Facebook
Line

【手相占い】手相 仏眼について徹底解説 手相の仏眼の見方のポイントをまとめました

手相を占ってもらったことはありますか?プロの手相占い師に見てもらったことはなくても、雑誌の特集などで見かけて、自分の手相と比べたことが、一度はあるのではないでしょうか。今回は、手相の中でも、「仏眼」について詳しく見ていきたいと思います。手相はとても身近な占い方法なので、手相の「仏眼」についても、もしかしたら聞いたことがあるかもしれませんね。手相の「仏眼」について、あなたはどれくらいのことを知っていますか?どのようにして見るのか、どんな時にあらわれるのか…など、興味ありますよね。では、詳しく見ていきましょう。

Twitter
Facebook
Line

手相で仏眼はどんな意味があるのか

 

手相にあらわれる仏眼の印のことを、仏眼といいます。この仏眼は、てのひらのどの部分に現れているかによっても意味が大きく違ってきます。そして、左右どちらの手にそのサインがでているかによっても、意味が異なってきます。また、手相は変わりやすいといわれています。今現在あなたの手のひらに仏眼の相が出ていたとしても、暫くすると印が濃くなっていたり、反対に気が付かないうちに消えていたりすることがあります。また、ハッキリとしない薄い線で出ているため、仏眼があらわれていることに、自分では気が付けない場合もあるでしょう。では、仏眼はどのような時に現れるのでしょうか。そして、仏眼が現れた位置によって変わるその意味を、現れた位置事に説明していきましょう。

仏眼とは

 

仏眼というのは、手相のなかでも指に出る手相です。どの指で見るのかというと、親指の第一関節にある線をみます。この親指の第一関節にある線が、仏の眼の形を描いている手相を、「仏眼」といいます。仏眼というだけあって、目のような形をしています。アーモンド形に2本の線が端で繋がっており、真ん中が一番幅広くなっている手相です。仏眼は、別名「仏心紋」ともいわれている特殊紋の一つです。「仏」の「目」という、ご利益がありそうな名前の手相ですが、実際にどのような意味があるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

手相で仏眼はどんな意味があるのか

 

端的に言うと、仏眼は幸運をもたらす大吉相です。仏眼の手相は、比較的珍しい手相の1つで、「特殊紋」と呼ばれる手相の一つになります。約20人に1人、仏眼%くらいの人が持っているといわれています。仏眼の手相を持っている人は、霊感があるといわれており、人の心を見通す能力が長けているといわれています。しかし、仏眼があらわれている人全員が霊的な能力を持っているというわけではなく、仏眼があっても霊感が無い人もいます。そういった人に仏眼があらわれている場合は、勘が鋭く、素晴らしい直感力を持っているといわれています。直感が働くので、いろいろな分野で優れた閃きが生まれたり、「虫の知らせ」を察知する能力に長けているなど、天の啓示による導きがあるといわれています。また神仏の加護に恵まれているとされており、スピリチュアルに関する仕事をしている人に多くあらわれる吉相としても知られています。さらに、仏眼の手相を持っている人は、死後の世界に興味があったり、霊界の存在を信じているなど、スピリチュアルの世界に詳しい人にも出やすいとされています。これはご先祖様を敬う気持ちを持っている人や、お仏壇や神棚に手を合わせる機会が多い人にも同様に現れることがあるといわれています。仏眼の手相を持っている人は、願い事のほとんどが叶えられるとも言われています。この仏眼の真ん中に、縦の線が入った状態になると、より仏眼の持つ幸運の力が増すといされる場合があります。しかし、この説は、「縦線が入ったら」「円が入ったら」「もう一本横線が入ったら」など、諸説あります。いずれも仏眼であれば吉相とされており、瞳に相当する模様が瞳の中に出ること良い意味であるといわれています。しかし、仏眼はもともと吉意をあらわしている吉相なので、瞳の中に他の線があってもなくても、通常の仏眼相であることに変わりはないとされています。
仏眼の手相を持っている人の特徴は、霊感や直感が鋭いだけではありません。記憶力が良いともいわれています。また、その間の鋭さを活かした状況判断がうまく、雰囲気を読んで立ち回れるタイプなので、人間関係も円滑だといわれています。霊感力の強く、直感力があるとされている仏眼は「仏心紋」以外の別名もあり、「仏眼相」「仏眼線」「念力相」とも呼ばれています。この神秘的な手相は、いつの間にかあらわれていて、いつの間にか消えているということが多いようです。その理由はよく分かっていませんが、手相は変わりやすいといわれていますし、仏眼は人の想いが反映されやすい手相としても知られています。また、この仏眼は、祖先を敬う心が薄れると消えやすい手相であるとも言われています。反対に、心に余裕を持ち、良い心がけを忘れないようにしていると、あらわれやすいといわれています。

仏眼の見方

 

仏眼の手相は、親指の第一関節の線が目のような形に囲まれている手相のことを指しています。「仏眼」の読み方は、「ぶつがん」です。手相では、利き手と反対の手が先天的な才能や資質をあらわし、利き手が後天的に授かった才能や、その人の努力の結果があらわれているとされています。仏眼の手相も、その例に漏れず、利き手と反対の手にある場合は、先天的なものをあらわしているとされています。そのため、家系的に加護されていたり、生まれつき第六感が冴えていたり、直感が優れていることを意味しています。仏眼が利き手にあるのなら、これまでの人生で信仰心が芽生えたり、何かしらの気づきがあったのでしょう。仏眼の手相の吉意は、左右の手で意味に違いはありません。どちらの手でも、大吉相であることに変わりはなく、その手相の持ち主に恩恵を与えるでしょう。この仏眼の手相は、その状態によっても意味が違うといわれています。それぞれの意味を説明していきましょう。

仏眼相が左手だけにある場合の意味

利き手と反対の手に仏眼の手相があるのなら、生まれながらに霊感があり、人の心を見通す才能があるといわれています。利き手と反対の手に仏眼の手相がある場合は、その手相の持ち主に備わっている霊感は、「持って生まれたもの」というイメージが強いようです。しかし、生まれつきの素質を持っていたとしても、その才能がまだ開花していないということもるでしょう。そのため、仏眼の手相を持っていても、今現在霊感が無いという場合は、この先の人生で、いつか霊感に目覚める可能性が高いとされています。仏眼の手相を利き手と反対の手に持っていて、生来の素質が未だに開花していない時に、ある時突然、利き手と反対の手に出ていた仏眼に、越の縦の線が入ることがあります。この線が入ることを、霊感の開花を暗示させるという説もありますが、特に意味がないという説が有力です。また、利き手と反対の手に仏眼の手相がある人は、生まれつき記憶力が良いとされています。
利き手と反対の手は、先先天的なことに関係が深いので、先祖代々のご加護があるとも言われています。ご先祖様のご加護を感じたことがない場合でも、もともと第六感的なものが生まれつき備わっているといわれています。そのことに本人が気がついていのるかいないのかの違いだけで、その手相の持ち主は、仏眼の手相があらわす何らかの恩恵に預かっているはずです。

仏眼相が右手だけにある場合の意味

利き手に仏眼の手相があるのなら、後天的に霊感が身に付いたり、人の心を見通す才能が身に付いたことをあらわしています。霊感やご先祖様からのご加護、記憶力などを、自分の努力や行動で、後天的に手に入れたといえるでしょう。その手相の持ち主が自力でつかんだ能力なので、その使い方も理解していることが多いでしょう。そのため、その才能に気が付かなかったり、才能の活かし方が分からないといったことはないので、先天的に仏眼の表す才能を持っている人よりも、強い力を発揮する可能性が高いといわれています。身につけた才能を活かしてスピリチュアル的な仕事を始めるようになってから、利き手に仏眼の手相があらわれたという人も多く見られます。また、利き手だけに仏眼があらわれている人は、霊感だけではなく、記憶力にも優れているとされています。この場合も、本人が努力によって記憶力を高めているでしょう。利き手に仏眼の手相があらわれている場合、どちらかというと霊感よりも記憶力が高められているケースが多いといわれています。さらに、これまでの人生で信仰心が芽生えたり、何かの気づきがあったりすると利き手に仏眼の手相が現れやすいといわれています。

仏眼相が両手にある場合の意味

かなり珍しいケースですが、両手に仏眼がある人も、中にはいるでしょう。もともと霊感が強い人にあらわれるといわれてるだけあって、両手にこの仏眼の手相が現れている人は、強い霊感があるとされています。感受性が強く、人の過去から現在に至るまでの心の動きを読み取ることができるといわれています。察する能力に長け、対人関係においては、よく気が利くタイプだといわれています。相手の感情など、いろいろなことを察することができるので、相手の欲求や気持ちを先読みできるでしょう。そのため、商売のセンスもあるでしょう。先祖や神仏のご加護も強いとされており、不慮のトラブルに遭遇する確率が、普通の人よりも少ないでしょう。また、どちらか片方の手に仏眼の手相があった人が、精神を鍛えることで、両手に仏眼の手相が現れるようになることもあるとされています。仏眼は、知らぬ間にあらわれることが多く、両手にあらわれている場合は、始めは片手にあったものが、知らぬ間に両手にあらわれるケースが多いようです。仏眼は、その人の顕在的な意識と潜在的な意識の境界を見定める目と考えられていることから、両手の仏眼をこすりあわせて、願い事を念じると、願いが成就するとも言われています。

仏眼相が2つ・二重ある場合の意味(ダブル仏眼)

一般的には、親指の第一関節に出る眼の形をした手相を「仏眼」と言いますが、第二関節にも出るケースもあります。親指の第二関節というのは、親指の付け根の部分のことです。第一関節と第二関節の両方に仏眼の手相があらわれることを、「二重仏眼」といいます。この二重仏眼は、とても珍しい手相です。別名、「ダブル仏眼」とも呼ばれています。このダブル仏眼は、一つしか仏眼の手相がない人よりも、数倍は霊感が強いとされています。いろいろな説がありますが、ある説では、第一関節の仏眼の手相が無限マーク(∞)のようになっている場合も、ダブル仏眼といいます。もちろん、人の心を見通す能力があったり、記憶力が良かったり、ご先祖様や神仏ご加護があるなどの意味合いも、通常の場合より強いとされています。同じ「ダブル仏眼」でも、無限のマーク(∞)が二つあるダブル仏眼と、両手に仏眼の手相がある場合とでは、意味合いに若干の違いがあります。また、利き手と反対の手に無限のマーク(∞)の二重仏眼があると、先天的な霊感が強く、利き手にあれば、後天的に自力で獲得した霊感が強いということになります。

仏眼相がない場合の意味

仏眼がないケースは、二つのパターンが考えられます。親指の第一関節のシワが、仏眼とは全く違う場合と、シワがもう少しで目のような形になりそうな場合の2パターンです。利き手に仏眼になりそうな線があれば、いずれ仏眼の手相になる可能性があり、その効力を発揮する可能性があるでしょう。利き手にあらわれている仏眼の手相は、後天的に本人の努力によって獲得した霊感を意味するのに対し、先天的なものをみる利き手とは反対の手に仏眼になっていない手相があらわれていた場合は、特に意味はないとされています。
また仏眼があらわれていないからと言って、霊感などがないとは言いきれません。霊感を表す手相は、仏眼以外にもあるからです。

トリプル仏眼の場合の意味

滅多に現れることはないといわれていますが、親指の第一関節に仏眼が3つ連なって並んでいる手相を持つ人もいます。この手相を「トリプル仏眼」といいます。二重仏眼の場合は、親指の第一関節と第二関節に現れるのですが、トリプルの場合は、第一関節にあらわれます。通常の仏眼や二重仏眼よりも、更に仏眼が持っている意味合いが強くなるといわれています。このトリプル仏眼を持っている人は、各段に優れた直感力を持っており、人やモノを一目見ただけで、その本質が読み取れるといわれています。霊的な能力も非常に強く、頭に思い描いたものを現実にする力が非常に強いといわれています。このトリプル仏眼を持っている人は、先祖に感謝する気持ちや信仰心が非常に強い人にあらわれるといわれており、幸運引き寄せる力も強く、目に見えない力で守られていることを実感しやすいと言われています。

仏眼相が小さい場合の意味

親指の第一関節に仏眼が小さくあらわれている人もいます。あまり小さいと仏眼ではなく、「アイランド」呼ばれる「島紋」と見間違いやすいでしょう。しかし、このパターンの場合は、眼のような印象がない場合は、仏眼とはいえないでしょう。小さい仏眼が現れているのなら、直感が冴えていたり、スピリチュアルな能力を持ってはいるものの、その意味合いは、通常の仏眼の手相よりは弱まります。幸運も小さなめな傾向にあります。ご先祖様のご加護も、本当に困った時にだけ、その効力を発揮する程度だといわれています。

仏眼相が大きい場合の意味

仏眼が大きくあらわれている場合は、瞳となる部分までハッキリとあらわれていることが多いといわれています。大きな仏眼があらわれているのなら、仏眼が意味する直感力や洞察力などの力が強いとされています。また、自分が思い描いたことが実現しやすいといわれています。霊的な能力や、スピリチュアル系の才能をが開花しているか、開花しやすいでしょう。

仏眼相が切れてる・つながっていない場合の意味

親指の第一関節のシワがきれいな眼の形を描いていないという人もいるでしょう。途中で線が切れていたり、薄くなっていて、仏眼になりそうでなっていない手相のことです。こうした仏眼になりかけている手相があらわれている場合は、仏眼の本来の意味合いが弱まるか、ネガティブな意味合いに変わる可能性があります。直感力に波があり、いつも冴えているわけではないでしょう。霊的な能力はあるものの、強いとは言えないとされています。祖先からのご加護は、あまり期待しない方が良いでしょう。祖先への感謝の念が乏しい状態の場合も、線が途切れて繋がっていない状態になると言われています。

第二仏眼紋の場合の意味

一般的には、親指の第一関節のシワが眼のような形になっている手相を仏眼と呼びますが、第二関節のシワが眼のような形になっていることもあります。これを第二仏眼紋といいます。普通の仏眼よりもあらわれにくく、珍しい手相として知られています。無限(∞)のような形を描いているものも、第二仏眼紋と見なします。第二仏眼紋があらわれているのなら、直感は更に鋭くなり、霊的な能力にもかなり優れているでしょう。人やモノの本質を的確に掴むことができ、様々な面で洞察力が発揮できるので、仕事などで成果を手にしやすくなります。スピリチュアル系の能力が卓越しているので、プロとして活躍することもできるほどでしょう。占い師、セラピスト、心理カウンセラーなどの職業に向いているでしょう。また、この手相があらわれている場合は、金運も高まっているといわれています。

親指以外の仏眼相とは何?

親指の掌側の第一関節のシワが眼のような形になっているものを仏眼と言いますが、親指以外の指でも眼のような形の手相が現れることがあります。親指以外の指では、第二関節のシワが眼のような形になっているものを仏眼相として扱います。しかし、この定義には諸説あり、厳密に言うと、親指にあらわれているもののみを仏眼とするという説もあります。親指以外の指にあらわれている仏眼は、あらわれる指によって意味合いが、多少異なってきます。

人差し指に仏眼相がある場合

人差し指の第二関節のシワが眼のような形になっている仏眼相は、親指の仏眼相ほどではありませんが、直感や霊感が鋭いとされていて、祖先のご加護があるといわれています。特に、人に対する影響力や支配力に関わる直感が鋭いといわれており、記憶力にも優れていて、人の名前などをよく覚えているでしょう。どの人が自分の言う通りに動いてくれるかや、恋愛で主導権を握れるかどうかなどを、読み取る能力が優れているといわれています。見えないものを容易に察知できるというわけではありませんが、感受性は豊かといわれています。

中指に仏眼相がある場合

中指の第二関節のシワが眼のような形になっている仏眼相は、親指の仏眼相よりはその意味合いが弱くなりますが、直感や霊感はある程度鋭いとされており、祖先のご加護もあるといわれています。特に知性や感情、行動に関わる直感が鋭いとされ、難しい問題の解決方法に関する閃きに優れているでしょう。また、自分の言動が、人にどう影響するのかを見通せるといわれています。そのため、切羽詰まった状態でも、冷静な判断を直感的に下せるでしょう。スピリチュアルなものに対する理解力もあるとされており、実際に不思議な体験をしている人も多いようです。そのため、否定するようなことはないでしょう。

薬指に仏眼相がある場合

薬指の第二関節のシワが眼のような形になっている仏眼相も、親指の仏眼相の意味合いには及ばないとされていますが、直感や霊感の鋭さはあり、祖先からのご加護もあるとされています。特に、金運や名声などに関わる直感が鋭いといわれています。目の前のことがお金につながるかどうかや、名声を手にすることにつながるのかどうかを、直感的に読み取ることができるといわれています。自分の利益になるかどうかを的確に見分けられるので、失敗することは少ないでしょう。このタイプは、大金を手にするチャンスを逃さないでしょう。また、この手相を持っている人は、自分が手にしているスピリチュアルな才能などをお金にする能力にも優れているでしょう。祖先に守られているという実感はないものの、先祖や親族が残した遺産を手にする可能性が高いといわれています。先祖の名声を元に成功を掴む可能性もあります。

小指に仏眼相がある場合

小指の第二関節のシワが眼のような形になっている仏眼相も、親指の仏眼相の持つ意味合いとまでは行かないものの、優れた直感や霊感などを持っているといわれています。特に、社交性や人当たりの良さなどに関わる直感が鋭いといわれています。相手とどうやったらうまく付き合えるかが、直感的にわかるといわれています。そのため、初対面から相手と意気投合することも多いでしょう。また、人と衝突しそうな時でも、事前に雰囲気を察知して回避することができるでしょう。この手相を持っている人は、社交的で人から好かれるタイプなので、人のご縁によって幸せがもたらされるでしょう。スピリチュアルな才能を、悩んでいる人の救いや相談に向けると、大いに力を発揮することができるでしょう。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。手相で仏眼を見るには、どのような状態で現れているのかを見極めることが大切だったのですね。あなたの手相には、今回見た仏眼の相は出ていましたか?あなたの手相にも、当てはまるところがあったかもしれませんね。もし今なかったとしても、手相はどんどん変わっていくといわれているので、この先、あなたの手相にも仏眼が現れるかもしれません。手相で仏眼が意味することを知っていたら、女子会や飲み会でも、この仏眼の手相の話題で盛り上がれるのではないでしょうか。あなたの周りの友達や家族の手相も見てあげられますね。手相で仏眼をどのように見るのか、ぜひ教えてあげてください。

 

Twitter
Facebook
Line

この記事のライター

mint

mint

mint公式アカウント