【手相占い】結婚線について徹底解説 手相の結婚線の見方のポイントをまとめました
更新:2020.1.17作成:2019.11.5
Twitter
Facebook
Line

【手相占い】結婚線について徹底解説 手相の結婚線の見方のポイントをまとめました

手相を占ってもらったことはありますか?プロの手相占い師に見てもらったことはなくても、雑誌の特集などで見かけて、自分の手相と比べたことが、一度はあるのではないでしょうか。今回は、手相の中でも、「結婚線」について詳しく見ていきたいと思います。手相はとても身近な占い方法なので、手相の「結婚線」についても、もしかしたら聞いたことがあるかもしれませんね。手相の「結婚線」について、あなたはどれくらいのことを知っていますか?どのようにして見るのか、どんな時にあらわれるのか…など、興味ありますよね。では、詳しく見ていきましょう。

Twitter
Facebook
Line
目次

手相で結婚線はどんな意味があるのか

 

手相にあらわれる主な線のひとつに、結婚線があります。この結婚線は、どのような状態で現れているかによっても意味が大きく違ってきます。そして、左右どちらの手の結婚線かによっても、意味が異なってきます。また、手相はとても変わりやすいといわれています。今現在あなたの手のひらに結婚線の相が出ていたとしても、暫くすると線が濃くなっていたり、反対に気が付かないうちに消えていたりすることがあります。また、ハッキリとしない薄い線で出ているため、結婚線があらわれていることに、自分では気が付けない場合もあるでしょう。
結婚は、人生において大きなターニングポイントのひとつであり、新たな生活のスタートとなる重要な節目でしょう。その一大イベントである結婚がいつになるのかは、誰もが気になるところでしょう。特に男性よりも女性の方が関心が高いイベントだといわれています。近年は晩婚化が進み、なかには敢えて「結婚」と言う形を選ばない人も多くなってきました。しかし、多くの人は、「チャンスがあれば結婚したい」と思っているようです。また、チャンスとタイミングが合って結婚したのなら、「幸せな結婚生活を送りたい」と願うのは、当然のことです。そんなたくさんの人にとって関心が高い結婚について、手相ではどうみるのでしょうか。もちろん手相にも、結婚の時期を見る線があります。それが、「結婚線」です。結婚線は、結婚に関する様々なことがわかる手相です。結婚する年齢、早婚タイプ、晩婚タイプ、まもなく結婚する…など、結婚線の状態から、その人の結婚について読み取ることができるのです。今お付き合いしている人がいない場合でも、結婚につながる出会いの時期も、手相から知ることができるのです。幸せにつながる婚期がいつかということも、手相から読み取ることができるんですよ。もし、今現在、手相に結婚線が表れていないとしても、心配はありません。結婚できないわけではありません。
では、結婚線はどのような時に現れるのでしょうか。そして、結婚線が現れた位置によって変わるその意味を、現れた位置事に説明していきましょう。

結婚線とは

 

結婚線は、感情線と小指の付け根の間にある横線のことをいいます。感情線の部分をスタートとして、小指の付け根に向けってどの位置に結婚線があるのかを見ていきます。小指の付け根に近付けば近づくほど、年齢が上がって行きます。まず、スタートラインである感情線の部分を20歳とします。小指の付け根あたりが50歳を表しています。この結婚線は、その人の結婚の時期を表しています。なかには、この結婚線が複数現れている人もいるでしょう。よく聞く話ですが、結婚線の数と結婚する回数が同じだと思ってはいませんか?そう勘違いしている人が多くいるのですが、実はそれは勘違いです。例えば、「結婚線が3本あるから、3回結婚する」というのは、間違った解釈なのです。では、結婚線の数は、何を表しているのでしょう。実は、結婚線の本数は「結婚できるチャンスの回数」をあらわしているのです。

結婚線が手相に現れるときはどんなとき?

 

まず、結婚線の位置から、その人の結婚の時期などを予測することができます。どのようにしてみるのかというと、流年法というもので変化の時期を推測するのです。

結婚線の見方

 

結婚線は小指の付け根の下の領域にあらわれる線です。小指の付け根と、小指の下から人差し指の方へ伸びる感情線との間にある短い横線のことを指して、「結婚線」といいます。結婚線でからは、その人の結婚観や結婚の時期、どんな結婚生活にご縁があるかを読み取ることができるといわれています。結婚だけでなく、結婚に至らない場合でも、忘れることができないような恋愛や、鮮明に記憶に残っている出会いもあらわしています。結婚線の数は、結婚の回数ではなく、結婚に繋がるチャンスの数や、恋愛の数をあらわしています。この結婚線は、その太さや長さによって様々な意味があります。ひとくくりに「結婚線」と言っても、結婚線がハッキリと濃く現れている場合と、薄くぼんやりと現れている場合では、意味が変わってきます。またその他にも、結婚線から支線がでているか、どのような形をしているかなどによっても、その意味合いは変わってきます。手相で結婚についてみる時は、主に太く長い結婚線を見て、その人の結婚の時期を判断します。手相は変わりやすいといわれているので、なかには結婚線がない人もいるでしょう。結婚線がないからといって、一生結婚ができないのではありません。確かに、結婚線がないときは、結婚に至らないと言われます。しかし、結婚線がないのは、結婚できないのではなく、その時その人が「結婚に関心がない」ということをあらわしているのです。始めは結婚線がなかった人でも、結婚に関心を持つと結婚線が表れてくるとされています。また、恋人がいない人の場合は、結婚線がハッキリと太くあらわれている時期が、出会いの運気のピークを表しています。そのため、ハッキリと太く結婚線があらわれている時期は、「結婚相手が欲しい」という欲求が高まりをみせているでしょう。手相は変わりやすいといわれています。手相は、自分の考え方や環境で大きく変わる可能性が高いのです。そのため、結婚線のさまざまなパターンを知っておくと、結婚線を読む時にとても便利なのです。では、結婚線にどのようなパターンがあるのでしょうか。結婚線のあらわれ方によって変わるその意味についても、詳しく見ていきましょう。

左右の手のひらであらわす意味が違う

 

手相は、基本的に利き手と反対の手が生まれ持った先天的なもの、利き手が将来のことをあらわすとされています。しかし、結婚線の場合は、利き手と反対の手がその人の内面、利き手がその人の外面を表すといわれています。利き手と反対の手に濃くハッキリとした結婚線があったとしたら、「結婚につながる出会いの可能性がある」ということがわかります。しかし、その人の利き手に結婚線がなかったのなら、結婚に繋がる可能性は低いといえるでしょう。その手相の持ち主が、結婚に対する努力を怠っていたり、結婚に対する関心が薄れてしまっているのでしょう。本人の意識の問題で、結婚には至らないことを意味しています。
利き手は将来のことをあらわすといわれているので、どちらかと言うと、利き手にハッキリと濃い結婚線がある方が、将来結婚を考えている人にとっては良いといえるでしょう。利き手と反対の手に結婚線がなかったとしても、利き手はその人の外面をあらわすので、世間体を気にして将来結婚する可能性があります。左手は、先天的な結婚観をあらわしているので、利き手と反対の手に結婚線がない場合は、もともと結婚に興味がないといえるでしょう。また、両手に結婚線がない場合は、もともと結婚への関心がなく、今後もしようとは思っていないということがわかります。しかし、それは、今現在の話です。その人の意識が変われば、手相は変わってきます。手相は変わりやすいといわれているので、その可能性は十分にあるでしょう。

男女で違う結婚線があらわす結婚時期

 

結婚線は、実は同じような位置にあらわれていても、男女で結婚線があらわしている年齢が違うんです。結婚線が表れている位置や、結婚線が複数ある場合は、一番濃い結婚線があるところで、結婚の時期をみることができます。また、幸せな結婚ができる時期も知ることができます。このように結婚線から結婚に適した時期を見る方法を、流年法と呼びます。結婚線を流年法でみる男女の結婚線があらわす年齢の違いは、男性と女性の結婚適齢期の違いや出産に関わることが影響していると考えられています。
流年法では、感情線と小指のつけ根の線の間を4等分します。男性の場合は、その4等分した線の下から一つ目を20歳、二つ目を35歳、三つ目を50歳として見ていきます。
一方女性の場合は、その4等分した線の下から一つ目を20歳、二つ目を30歳、三つ目を40歳として見ていきます。
この4つのうち、どこの地点に近いかで、年齢を推定するのです。
ではここからは、結婚線のあらわれ方のパターン別に、どのような意味があるのかを見ていきましょう。

結婚線が2本ある場合

 

結婚線は、人によってあらわれている本数が違います。そのため、中には結婚線が2本あらわれている人もいるでしょう。結婚線が2本あらわれている人は、結婚、もしくは結婚を意識するような恋愛を、2回経験するといわれています。出会いのチャンスが2回訪れたり、大恋愛を2回する可能性もあります。2本の結婚線の長さと太さが同じなら、2回結婚する可能性が高いでしょう。この「2度回」には、同棲生活や一人の相手との復縁も含まれるといわれています。どちらの場合であっても、2度目よりも2度目の方が上手くいくようです。もともと結婚線が2本あらわれている人は、結婚に対しての意識が高く、結婚願望も強いといわれています。恋愛傾向としては、保守的な恋愛をするタイプで、結婚観も保守的だといわれています。もし、2本の結婚線が密接して現われているのなら、三角関係になりやすいとされているので、注意しましょう。2本の結婚線が、両方とも乱れがなく、きれいに伸びているのなら、経済的に安定した家庭が築けることを重視する結婚観を持っているといわれています。

結婚線が3本ある場合

 

結婚線は、人によってあらわれている本数が違います。そのため、中には結婚線が3本あらわれている人もいるでしょう。結婚線が3本あらわれている人は、愛情が豊かで異性にとても親切なタイプだといわれています。そのため、出会いや結婚のチャンスが多くなる傾向にあり、恋愛経験が豊富でしょう。しかし、結婚運はどちらかというと、不安定で低めでしょう。なぜかというと、出会いが多い分、一人に絞り切れずに婚期が遅れたり、もしくは婚期を逃してしまう可能性が高くなるからです。良い恋愛をしていたり、傍から見ると理想的な結婚相手に巡り会えても、当の本人が「もっと自分に相応しい人がいるかもしれない」と考える傾向にあるのです。そのため、移り気な面があります。パートナーがいても浮気をしたり、離婚する危険性が高いでしょう。3本ある結婚線の中で、一番長い線で婚期を判断します。結婚を意識するような相手に3回巡り合うといわれています。

結婚線がない場合

 

結婚線は、人によってあらわれている本数が違います。そのため、中には結婚線が1本もあらわれていない人もいるでしょう。結婚線がない人は、結婚できないのではなく、そもそも結婚願望がないのだといわれています。恋愛に対して淡泊で、性格もあっさりしている人が多いでしょう。結婚線がない人は、結婚に対して理想を抱いておらず、「結婚」という形にこだわらない恋愛をするタイプだとされています。恋愛から結婚に発展するという価値観を、そもそも持っていないでしょう。結婚に対して前向きになれない理由が何かしらあることも考えられます。仕事などが忙しく結婚どころではなかったり、幼少期に両親の離婚を経験しているなど、結婚に対する憧れや余裕がないこともあるかもしれません。また、国際結婚をする可能性も高いといわれています。しかし、手相は変わりやすいといわれています。今現在結婚線が1本もなくても、本人の意識の変化などによって、いずれあらわれる場合もあります。

結婚線が長い場合

 

結婚線は、人によってあらわれ方が異なります。そのため、結婚線が小指の中心の下あたりを越えて、長く伸びている人もいるでしょう。このように、結婚線が長い人は、結婚に対する意識が高く、理想の結婚を目指して努力を惜しまないタイプでしょう。そのため、結婚に関する知識も豊富です。結婚運が良い状態なので、良縁と巡り合える確率が高いでしょう。もしくは、結婚の好機に差し掛かっているかもしれません。薬指の付け根あたりの太陽丘と呼ばれる領域まで結婚線が伸びていると、理想通りの幸せな結婚ができるとされています。結婚後も、夫婦円満、家庭円満でいられるでしょう。太陽丘に現われる「太陽線」と結婚線が接している手相となっている場合は、玉の輿に乗れるといわれており、経済的に恵まれた結婚ができるでしょう。もしも、結婚線が太陽線を越えて長く伸びているような場合は、縁談話で騙されたり、結婚に失敗する可能性があります。太陽線を超える程結婚線が退いている場合は、結婚のトラブルに注意が必要かもしれません。

結婚線が短い場合

 

結婚線は、人によってあらわれ方が異なります。そのため、結婚線が小指の中心の下のあたりまで達しないほど、短い人もいるでしょう。このように結婚線が短い人は、結婚や恋愛に対しての意識が低く、結婚にも消極的だといわれています。結婚に対して執着心がなく、切羽詰まることもないでしょう。独身のままの方が気楽と感じていたり、夫婦と言う関係に縛られたくないという気持ちが強いタイプだといわれています。結婚や恋愛以外のことへの興味の方が大きい可能性があるでしょう。もしくは趣味や関心があることが多いことも考えられます。短い結婚線が複数あるのなら、結婚には縁遠いかもしれません。短い結婚線が複数ある人は、少々浮気性な面があるようです。反面、結婚をしても上手くやって行けるか不安があり、結婚に踏み切れずにいるところがあるとされています。

結婚線が途中で切れている場合

 

結婚線は、人によってあらわれ方が異なります。そのため、結婚線が途中で切れている人もいるでしょう。結婚線が途中で切れている人は、恋人や結婚相手など、パートナーとの関係が悪化する可能性があることを示唆しています。今現在、お互いの心が離れてしまっていて、大きな溝ができていることをあらわしています。切れている部分が大きく長いほど、その傾向が強くなっているとされています。小さく途切れているのなら、隔てている溝はあまだ浅く、改善もしやすいでしょう。関係修復に向けた努力をすることで、途切れがなくなり、1本の結婚線になるといわれています。また、途切れた結婚線の先が濃くあらわれているのなら、関係を修復することができて、元の中の良い関係に戻れるでしょう。部分的に重なって段違いに途切れているような場合は、一度は別れを選ぶのですが、復縁して幸せになる手相だとされています。

結婚線が二股に枝分かれしている場合

 

結婚線は、人によってあらわれ方が異なります。そのため、結婚線が枝分かれして現われている人もいるでしょう。結婚線が枝分かれしている人は、恋人や結婚相手など、パートナーと離れ離れになりやすいといわれています。また、この結婚線を持つ人は、物事に白黒ハッキリとつけたがる性格の人が多いといわれています。単身者だと、恋愛や結婚に対して、イマイチ自信がないタイプであるといわれています。結婚線の枝分かれが大きいほど、こうした傾向が強くなるといわれています。枝分かれしている結婚線が下がり気味なら、結婚したとしても、離婚する可能性が高まるといわれています。結婚線の枝分かれが小さいのなら、短期的な別離をあらわしています。単身赴任や何らかの理由によって別居状態を経験する可能性があるでしょう。

結婚線が三股に枝分かれしている場合

 

結婚線は、人によってあらわれ方が異なります。そのため、結婚線が三股に枝分かれしてあらわれている人もいるでしょう。結婚線が三股に枝分かれしてあらわれている人は、その人自身が原因になっている何かしらの問題のせいで、恋人や結婚相手と別れる可能性が高いといわれています。単身者がこの手相を持っている場合は、恋愛意欲が乏しく、恋愛や結婚を面倒だと感じる気持ちが強いといわれています。恋人や結婚相手などパートナーがいる人の場合は、知らず知らずのうちに、気持ちが離れて行ったようです。心身共に結婚生活に疲れを感じているようです。結婚生活に不安を抱えていて、生活のリズムが食い違っている可能性があるでしょう。この手相が現れている場合は、愛情がすっかり冷めているか、マンネリ化して飽きがきているといわれています。少し距離をおいて接することで、関係が改善されることもあります。

長い結婚線が二股に枝分かれしている場合

 

結婚線は、人によってあらわれ方が異なります。そのため、長い結婚線が二股に枝分かれしている人もいるでしょう。長い結婚線が二股に枝分かれしているのなら、結婚運は高まっているものの、最終的には相手と別れる可能性が高いといわれています。出会った当初は理想通りの相手だと感じていたものの、付き合っていくうちにすれ違いが生じ、気持ちが離れてしまうようです。結婚に対する意識は高いものの、行動が空回りして結婚まで繋がらないということもあるでしょう。また、この手相の持ち主は、より良い縁談がもたらされても、なかなか満足できないタイプだともいわれています。長い結婚線が、太陽線と接して二股に枝分かれしているのなら、経済的には恵まれた結婚ができるのですが、お金を巡ってトラブルが生じ、結果的に別れる可能性があるとされています。

結婚線が斜め下に下がっている場合

 

結婚線は、人によってあらわれ方に違いがあるため、結婚線が斜めに下がってあらわれている人もいるでしょう。結婚線が斜め下に下がっている人は、恋人や結婚相手に対しての愛情が冷めているとされています。相手への関心が薄れており、魅力を感じなくなっているかもしれません。少し下がっている程度なら、多少不満がある程度で、特に問題はないといわれており、相手とも折り合いをつけて上手くやって行けるでしょう。単身者がこの手相を持っているのなら、恋愛に消極的で、異性と向き合う気持ちが弱いといえるでしょう。もしも、結婚線が急カーブを描いて大きく下がっているのなら、完全にパートナーに対する愛情が冷え切っていて、恋愛感情がなくなっているとされています。性的に満たされていない場合に現れやすい手相だと言われています。夫婦共に下降しているのなら、お互いに割り切って過ごすことができますが、どちらか一方がこの手相を持っている場合は、その手相の持ち主の不満が募るといわれています。

結婚線の先端が斜め上に上がっている場合

 

結婚線は、人によってあらわれ方に違いがあるため、結婚線が斜めに上がってあらわれている人もいるでしょう。結婚線が斜めに上がっている人は、恋愛運や結婚運が高まっているといわれています。この手相が現れている人は、理想に近い相手に巡り会えるチャンスが訪れるでしょう。しかし、この手相の持ち主は理想が高く、結婚にはなかなか踏み切れないとされています。結婚線の席がほんの少しだけ上がっているような場合は、結婚運が最良の状態にあるとされています。この手相が現れている時期は、結婚の好機が訪れています。また、長い結婚線が上がっている場合も、結婚のチャンスが到来していることをあらわしています。もし、結婚線が斜めに急カーブを描いて上がっているのなら、その手相の持ち主が結婚生活の主導権を握るといわれています。女性この手相を持っている場合は、「かかあ天下」の手相とされています。結婚後も自分の進む道を邁進するでしょう。単身者がこの手相を持っていて結婚に煩わしさを感じている場合、独身を貫き通す可能性もあるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。手相で結婚線を見るには、結婚線の状態によって意味合いを判断することが必要だったのですね。あなたの手相には、今回見た結婚線の相は出ていましたか?あなたの手相にも、当てはまるところがあったかもしれませんね。もし今なかったとしても、手相はどんどん変わっていくといわれているので、この先、あなたの手相にも結婚線が現れるかもしれません。手相で結婚線が意味することを知っていたら、女子会や飲み会でも、この結婚線があらわしている手相の話題で盛り上がれるのではないでしょうか。あなたの周りの友達や家族の手相も見てあげられますね。手相では結婚線をどのように見るのか、ぜひ教えてあげてください。

Twitter
Facebook
Line

この記事のライター:

mint

mint

mint公式アカウント