【手相占い】珍しい手相を徹底解説 珍しい手相の見方のポイントをまとめました
更新:2020.1.17作成:2019.11.8
Twitter
Facebook
Line

【手相占い】珍しい手相を徹底解説 珍しい手相の見方のポイントをまとめました

手相を占ってもらったことはありますか?プロの手相占い師に見てもらったことはなくても、雑誌の特集などで見かけて、自分の手相と比べたことが、一度はあるのではないでしょうか。今回は、手相の中でも、「珍しい手相」について詳しく見ていきたいと思います。手相はとても身近な占い方法なので、手相でも「特殊紋」などの珍しい手相についても、もしかしたら聞いたことがあるかもしれませんね。手相鑑定における「珍しい手相」について、あなたはどれくらいのことを知っていますか?どのようにして見るのか、どんな時にあらわれるのか…など、興味ありますよね。では、詳しく見ていきましょう。

Twitter
Facebook
Line
目次

珍しい手相とは

手相のなかには、珍しい手相がいろいろとあります。この珍しい手相は、てのひらのどの部分に、どのように現れているかによっても意味が大きく違ってきます。そして、左右どちらの手にそのサインがでているかによっても、意味が異なってきます。また、手相はとても変わりやすいといわれています。今現在あなたの手のひらに珍しい手相の相が出ていたとしても、暫くすると印が濃くなっていたり、反対に気が付かないうちに消えていたりすることがあります。また、ハッキリとしない薄い線で出ているため、珍しい手相があらわれていることに、自分では気が付けない場合もあるでしょう。では、珍しい手相はどのような時に現れるのでしょうか。そして、珍しい手相が現れた位置によって変わるその意味を、現れた位置事に説明していきましょう。

珍しい手相が手相に現れるときはどんなとき?

 

まず、珍しい手相が手相とは、どのようなものなのでしょうか。珍しい手相は、実はいろいろとあります。中には、めったに現れることがないような手相もあります。吉兆をあらわす手相と、凶意をあらわす手相の両方がありますが、吉意をあらわす手相は、先天的なものであっても、本人の努力が実ってあらわれているケースが多いでしょう。あた、手相は他変変わりやすいといわれています。そのため、現在良い意味を持つ珍しい手相が現れていなくても、自分の努力で、ある日突然それらしき手相があらわれることもあるのです。反対に、いくら良い手相が現れていても、その幸運に甘んじて努力を怠ると、せっかくの吉兆である手相が、だんだん薄くなってしまったり、ある日突然消えてしまったりする可能性も十分にあるのです。では、珍しい手相とは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。説明していきましょう。

珍しい手相の見方

 

珍しい手相は、いろいろとあります。有名なものには、「マスカケ線」や「神秘十字」など、テレビや雑誌などのメディアで取り上げられて有名になった手相もあります。その中には、「特殊紋」と呼ばれるような、滅多にお目にかかれないような、非常に珍しい手相もあります。「投手紋」というのは、その名前からもわかるように、手相にあらわれることは非常に稀な手相で、その手相の持ち主に、幸運をもたらす予兆となるサインとなります。「珍しい手相」といっても様々な手相があり、その出現率にはかなりの差があります。「三奇紋」、「ソロモンの環」といった1000人に一人しかあらわれないと言われている手相もあれば、「マスカケ線」などは、変形したものも含めると、珍しいとはいっても、100人に7~8人いるような手相もあります。いろいろな場所に現れる「十字線」や「スター(星紋)」などは、あらわれる場所によって、とてもラッキーな意味を持つものもあります。「十字線」や「スター(星紋)」などは、ラッキーな場所に現れる確率だけをとらえると、100人に一人ぐらいと「珍しい手相」の中に含まれる床になるでしょう。このように、そもそもあらわれていること自体がとても珍しい手相と、あらわれていること自体はそれほどめずらしくないものの、あらわれる確率が低い場所にあらわれていることで「珍しい」とされる手相、この2つがあることがわかります。いずれにしても、珍しい手相といえるでしょう。では、具体的にどのようなものがあるのか見ていきましょう。

覇王線

覇王線というのは、運命線、太陽線、財運線が手のひらの中央で一点に交わっている手相のことをいいます。別名、「三奇紋」と呼ばれており、「奇」という文字が入るほど珍しい手相のひとつとされています。この覇王線の手相を持つ人はほとんどいないといわれており、運を引きつける力がとても強いといわれています。偉大な成功者に多い手相と言われています。覇王線を手相に持っている人は、あり余るほどのパワーを持ち、行動力・実行力に優れた人物なので、大出世するとされています。また、この手相の持ち主は、運が強いだけではなく、努力家でもあるので、努力で這い上がり立身出世することが多いとされています。覇王線をもつひとは、男女ともに運気がとても強い人なので、サポート的な役回りでは、持ち前の強い運気と行動力を活かすことができず、自分も周りもストレスを貯めやすくなります。覇王線は、運命線がしっかりと伸びていないと、現れない手相です。運命線がしっかりと伸びているということは、運命線が表す「社会との関わり」が深い人生を歩む人であるということを表しています。ハッキリと濃い覇王線を持っている人ほど、自分が望まずとも、社会と深い関わりを持った生き方をすることになります。「宿命」とも呼べるような運命を持っている人ともいえるかもしれません。

マスカケ線

マスカケ線とは、人差し指と親指の付け根の間から伸びる「知能線」と、小指の下から人差し指の中指方向へ向かって伸びる「感情線」が1本に繋がり、手のひらを水平に横切る線のことをいいます。一般的には、知能線と感情線はそれぞれ別方向から出て、交わらずに上下に分かれているのが普通です。その知能線と感情線が一直線につながっているので、とても珍しい手相になります。マスカケ線は、「猿線」や「百握り」と呼ばれ、「一度掴んだものは離さない」といわれている手相で、強運の手相として有名です。とても縁起が良い手相のひとつです。ぱっと見は、手の平に「て」という字が刻まれているように見える手相がマスカケ線です。マスカケ線を持つ人は、先天的に運が強いといわれています。この手相の持ち主は、天才肌タイプの人が多いといわれており、歴史的な人物のなかでは、織田信長や豊臣秀吉がこの手相を持っていたといわれています。この手相の持ち主は、志を持った生き方や自分なりの目標に巡りあい、努力を重ねれば、その道のトップとなり大成功を収めるとされています。しかし、目標や志を持たず、ただ漠然と日々を過ごしていると、本来持って生まれた強運を活かしきれず、平凡な人生を送ることになります。マスカケ線を持っている人は、良くも悪くも浮き沈みが激しい人生になる傾向もあります。しかし、大きな志を持ち、その道に向かって努力を重ねていくと、驚くような才能を開花させることができるでしょう。その結果、人生を謳歌していくことができる人だといえます。類まれなる強運の証とされる「マスカケ線」は、手相で強運の相と言われ、広く知られています。この大吉相とされる「マスカケ線」、片手に現れているだけでも珍しいとされており、ましてや両手に現れている人は、ほとんどいないとされています。

神秘十字

神秘十字というのは、中指の下あたりの、感情線・頭脳線の間に現れる十字紋(クロスマーク)のことをいいます。この神秘十字があらわれている人はとても少ないといわれており、希少な幸運のサインだといわれています。この神秘十字の相を持っている人は、神秘的なできごとに会いやすい、スピリチュアルの能力が高い人だといわれています。また、この神秘十字の相を持った人は、ご先祖様からのご加護があるとされ、トラブルやアクシデントに見舞われても、不思議と守られ助けられるといわれています。また、この神秘十字の相を持った人の特徴として、伝統芸能や伝統的な文化に造詣が深いことも上げられます。例えば、歌舞伎や能、伝統工芸品など、有形・無形に関わらず、伝統文化全般に関していえるでしょう。線が濃くハッキリとして入ればしているほど、その傾向が強いとされています。もちろん、線が濃くハッキリとしているほど、スピリチュアルな才能などの不思議な力も強いとされています。綺麗にハッキリと出ている神秘十字の相であるほど、神秘十字の持つ良い意味の強度が増すというとこになります。反対に、線が薄くぼんやりした形であったり、いびつな形であるほど、その意味は弱くなります。同時に、スピリチュアルなどの不思議な力も弱まるとされています。しかし、そもそも神秘十字は、普通の人以上に直感や霊感などが冴えていることを意味しているので、ひらめきを得ることや、感が働くことが多いようです。スピリチュアルな能力に長けているという意味があることが広く知られていますが、神秘十字は、直感や霊感などの能力だけに幸運を与えているわけではありません。神秘十字は、恋愛運や金運についても、大きな幸運をもたらしているのです。この神秘十字が手相に出ている時は、恋愛運や金運もアップしていることを意味しています。恋愛に関しては、相手の気持ちや行動を察しやすかったり、相手の行動を予知しやすかったりするようです。なので、自然と相手の喜ぶことをすることができるので、恋愛がうまくいくことが多くなるようです。金運でも同様で、仕事での感が冴え、交渉や人間関係がうまくいくようになるので、結果として人に認められやすくなります。そうすると、自然と収入が上がるようになります。このように、神秘十字は、スピリチュアルな能力についてだけでなく、金運や恋愛運にも大きな影響を与えている相だといわれています。

仏眼

仏眼は、親指の第一関節の線が目のような形に囲まれている手相のことを指しています。手相では、利き手と反対の手が先天的な才能や資質をあらわし、利き手が後天的に授かった才能や、その人の努力の結果があらわれているとされています。仏眼の手相も、その例に漏れず、利き手と反対の手にある場合は、先天的なものをあらわしているとされています。そのため、家系的に加護されていたり、生まれつき第六感が冴えていたり、直感が優れていることを意味しています。仏眼が利き手にあるのなら、これまでの人生で信仰心が芽生えたり、何かしらの気づきがあったのでしょう。仏眼の手相の吉意は、左右の手で意味に違いはありません。どちらの手でも、大吉相であることに変わりはなく、その手相の持ち主に恩恵を与えるでしょう。端的に言うと、仏眼は幸運をもたらす大吉相です。仏眼の手相は、比較的珍しい手相の1つで、「特殊紋」と呼ばれる手相の一つになります。仏眼の手相を持っている人は、霊感があるといわれており、人の心を見通す能力が長けているといわれています。しかし、仏眼があらわれている人全員が霊的な能力を持っているというわけではなく、仏眼があっても霊感が無い人もいます。そういった人に仏眼があらわれている場合は、勘が鋭く、素晴らしい直感力を持っているといわれています。直感が働くので、いろいろな分野で優れた閃きが生まれたり、「虫の知らせ」を察知する能力に長けているなど、天の啓示による導きがあるといわれています。また神仏の加護に恵まれているとされており、スピリチュアルに関する仕事をしている人に多くあらわれる吉相としても知られています。さらに、仏眼の手相を持っている人は、死後の世界に興味があったり、霊界の存在を信じているなど、スピリチュアルの世界に詳しい人にも出やすいとされています。これはご先祖様を敬う気持ちを持っている人や、お仏壇や神棚に手を合わせる機会が多い人にも同様に現れることがあるといわれています。仏眼の手相を持っている人は、願い事のほとんどが叶えられるとも言われています。この仏眼の真ん中に、縦の線が入った状態になると、より仏眼の持つ幸運の力が増すといされる場合があります。しかし、仏眼はもともと吉意をあらわしている吉相なので、瞳の中に他の線があってもなくても、通常の仏眼相であることに変わりはないとされています。仏眼の手相を持っている人の特徴は、霊感や直感が鋭いだけではありません。記憶力が良いともいわれています。また、その間の鋭さを活かした状況判断がうまく、雰囲気を読んで立ち回れるタイプなので、人間関係も円滑だといわれています。霊感力の強く、直感力があるとされている仏眼は「仏心紋」以外の別名もあり、「仏眼相」「仏眼線」「念力相」とも呼ばれています。この神秘的な手相は、いつの間にかあらわれていて、いつの間にか消えているということが多いようです。その理由はよく分かっていませんが、手相は変わりやすいといわれていますし、仏眼は人の想いが反映されやすい手相としても知られています。また、この仏眼は、祖先を敬う心が薄れると消えやすい手相であるとも言われています。反対に、心に余裕を持ち、良い心がけを忘れないようにしていると、あらわれやすいといわれています。

スター(星紋)

星紋は、別名「スター線」とも呼ばれており、その手相の持ち主のスター性を表しています。星紋が手相にあらわれている人は、スターのような華やかさや煌めきを持っている人が多いでしょう。才能や可能性に溢れているので、キラキラと輝いて見えるタイプが多いのが特徴です。そのため、星紋が手相にあらわれている人は、みんなの人気者になれるでしょう。星紋は、左右どちらの手のひらに現れているか、また、手のひらのどのあたりに現れているかによって、意味することが違ってきます。現れること自体が大変珍しい手相なので、星紋は、「ソロモンの星」とも呼ばれます。「特殊紋」と呼ばれる程、非常に稀な手相のひとつです。もともと星紋は、素晴らしい幸運を授かった人にあらわれる吉兆とされています。そのため、手相に星紋が現れている人は、幸運に恵まれている人だといえるでしょう。星紋が手相に現れている時は、全ての面において幸運に恵まれることが、最大の特徴です。しかし、この星紋は、たいへん珍しい手相のひとつで、めったに現れることはありません。なぜなら、この「星紋」という手相は、並々ならぬ努力をしている人だけにあらわれる手相だとされているからです。その人が、周囲への感謝を忘れずに、日ごろから何事にも努力を怠らなかったことが、「星紋」が表すその幸運を運んでくるおおもととなっているのです。そのため星紋は、心にも行動にも余裕がある安定している人で、コツコツと努力を重ねるタイプにあらわれやすいようです。どんな時も素直で、それでいて精神的な強さも併せ持っている人が多いとされています。気持ちに余裕があり人間関係が円満なので、人からも援助されやすいという特徴があります。星紋を持っている人は、例え困難や大きな壁にぶつかったとしても、それらを乗り越える力をもっているのです。人の気持ちを察することができるので、良縁に恵まれやすい人でもあります。特に、星紋が現れている時は、運命の人と出逢うなど、恋愛でも素晴らしい人とのご縁があるといわれています。対人運や恋愛運が良いことはお分かりいただけたと思いますが、それだけではなく、金運も良いのが、星紋のすごいところです。つまり、すべての面で幸運を授かっている時だということです。そのため、星紋があらわれているのなら、お金に困ることはないでしょう。そもそも星紋が現れているような人は、もともとお金の使い方のバランスが良い人が多いでしょう。そのため、星紋を持っている人は、商売に対する才能ももっているといわれています。日頃の努力や善い行いが積み重なった結果、大きな幸運に巡り合える時期に、星紋があらわれるといえるかもしれません。

フィッシュ(魚紋)

フィッシュ(魚紋)は、その人に大きな幸運が訪れる予兆である手相の一つです。予兆として表れることもありますが、フィッシュ(魚紋)があらわれている間も、その幸運を感じられるとされています。フィッシュ(魚紋)は「特殊紋」と呼ばれる手相のひとつで、手のひらのいろいろな場所にあらわれます。「特殊紋」以外にも、単に「紋」や「記号」と呼ばれることもあります。この「紋」にはそれぞれ異なる意味があり、手のひらのどの位置にあらわれているかでも意味が異なってきます。手相の種類によっては、手のひらのどの位置にあらわれているのかによって凶意を表すこともありますが、しかしフィッシュ(魚紋)は、手のひらのどの位置にあらわれても幸運を意味しています。そのため、フィッシュ(魚紋)が接している線やフィッシュ(魚紋)があらわれている丘の意味にプラスの要素を与えます。フィッシュ(魚紋)は、魚のような形をしていることからその名がつきました。木星丘や金星丘と呼ばれる手のひらの特定の領域をあらわした「丘」に単独で現れる場合と、運命線などのメジャーな基本線や太陽線などのその他の線に接してあらわれる場合があります。どちらかというと、丘にあらわれるよりも、線に接してあらわれることが多いようです。フィッシュ(魚紋)は、基本的に大きな幸運の訪れを意味するとされています。また、フィッシュが手相にあらわれている間、大きな幸運に包まれるともいわれています。フィッシュが手相にあらわれる時のそのあらわれ方は人それぞれです。非常に小さく弱々しくあらわれたり、始めは微かにあらわれている線が段々濃くなっていくこともあるようです。幸運の訪れの予兆ともいわれているので、人によっては、幸運が訪れる1年程前からハッキリと現れることもあるといわれています。フィッシュ(魚紋)が手のひらの線に接して現れているのなら、その線を流年法でみた時、何歳ころにその幸運が訪れるのかを知ることもできます。

五芒星

五芒星とは、特殊紋といわれる層の一つです。五芒星は、別名「スター線」と呼ばれています。その重要性や珍しさから、「ソロモンの星」などとも呼ばれています。手相占いの五芒星は、よく見る星やヒトでのような形をしているのではありません。五芒星は、5本の直線が、1点の中心で交わって放射線状に伸びているものを指します。手相の五芒星は見分けることが難しいといわれているのですが、それは他の手相にクロス(×)が重なって、五芒星に見えてしまうことがあるからです。手相では、五芒星とクロスでは意味が違ってくるので、見間違えないように注意が必要です。また、五芒星は、現れた場所によって吉凶の意味が異なってきます。基本的には、五芒星は吉兆を表しています。五芒星は、利き手に現れた時と、利き手と反対の手に現れた場合では、意味合いが異なります。利き手と反対の手に現れた場合は、あなたが隠れた才能の持ち主であることを意味しています。利き手と反対の手に五芒星を持っている人は、磨けば光る原石のような才能を秘めている人なのです。今現在、それが明らかになっていなかったとしても、あなたには潜在的な何かしらの才能が秘められているようです。とても恵まれた手相で、将来才能が開花し、大きく運勢が開かれる可能性があります。そのため、利き手と反対の手に五芒星が現れた場合は、困難にめげずに、才能を磨く努力を惜しまないことが大切です。また、左手に五芒星がある人は、幸運に甘えず努力が必要であるという警告の意味もあります。
反対に、利き手に五芒星が現れた場合は、今現在、あなたが幸運期であることを意味しています。とても運気の良い時期で、何をやっても上手くいくでしょう。そうしたパワーに満ち溢れた時期でもあります。手相は変わりやすいといわれているので、この幸運の印である「五芒星」を聴き手に見つけた時は、チャンスを逃さないようにしましょう。そして、とても稀に、両手に五芒星が現れている場合もあります。五芒星・ソロモンの星が両手に現れている場合は、どちらの手のひらの五芒星の方がよりハッキリと表れているかで判断します。ハッキリときれいに見える方の五芒星・ソロモンの星でその意味を見極めてください。もしも、利き手の五芒星・ソロモンの星の方がハッキリときれいにみえたのなら、それは現在のあなたの幸運は、あなた自身の努力の賜物であることを意味しています。利き手とは反対の五芒星・ソロモンの星の邦画ハッキリときれいに見えたのなら、あなたが生まれながらの幸運体質であることを意味しています。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。手相鑑定において珍しい手相とされる手相は、いろいろな種類があったのですね。他にも珍しい手相はいろいろとあります。探してみても面白いかもしれませんね。あなたの手相には、今回見た珍しい手相は出ていましたか?あなたの手相にも、当てはまるところがあったかもしれませんね。もし今なかったとしても、手相はどんどん変わっていくといわれているので、この先、あなたの手相にも珍しい手相が現れるかもしれません。手相で珍しい手相が意味することを知っていたら、女子会や飲み会でも、この珍しい手相の話題で盛り上がれるのではないでしょうか。あなたの周りの友達や家族の手相も見てあげられますね。手相で珍しい手相をどのように見るのか、ぜひ教えてあげてください。

Twitter
Facebook
Line

この記事のライター:

mint

mint

mint公式アカウント