離婚した夢は何のサイン?離婚した夢の意味を調査
更新:2019.12.11作成:2019.12.11
Twitter
Facebook
Line

離婚した夢は何のサイン?離婚した夢の意味を調査

普段あなたが見ている夢は深層心理にあるあなたの精神状態を示していると言われています。

見る夢によってあなたの深層心理からのメッセージは異なってきますが、ここでは離婚した夢について、夢占いの視点で、その深層心理からのメッセージを読み解き、解説していきたいと思います。

Twitter
Facebook
Line

離婚した夢の基本的な意味とは?

 

離婚の夢は夢占いにおいて、もちろん誰と離婚するか、どのように離婚するかで内容は異なりますが、基本的にはあなたが愛している人と、いつまでも一緒にいたいという気持ちが表れていると読み解くことができます。

夢の中で離婚前に大きなケンカをしているのならば激しければ激しいほど、あなたの相手に対する思いが強いことを表していると言えるでしょう。大きなケンカをして離婚をする夢を見たあなたは、二人がこれからも末永く上手く行くことを暗示しています。

反対にケンカを全くせずにいきなり離婚する夢を見たあなたは相手との関係において今後あまり上手くいかない事を暗示しています。こちらは凶夢となりますので、注意が必要です。

このように、離婚する夢はケンカの有無、そのケンカの大小にがよって読み解ける内容が異なりますので夢の内容をよく覚えておく必要があります。吉夢にも凶夢にもなりえますので、注意してください。

離婚した夢が表す意味について

 

ここからは離婚した夢についてその意味が何を示すのかを解説していきたいと思います。

離婚した夢が示す意味①:両親が離婚した夢

夢占いにおいて両親が離婚する夢は、逆夢となり、良い状態や環境を表していると読み解くことができます。家庭が仲良く円満であることを暗示している事でしょう。

また、現実世界で既に両親が離婚してる場合で、夢の中でも両親が離婚した場合は、更に悪い状態や環境を表します。現実世界でも夢でも両親が離婚した夢を見たならば、あなたの中でまだ両親の離婚が受け入れきれていない状態である事を意味しています。

その夢の中において、両親が離婚したことであなたが泣いている夢の場合はどうでしょうか。この夢の中で泣いているあなたは将来に生まれてくるあなたの子どもを表しています。

あなたは将来自分の子どものために幸せな家庭を築かなければいけないと強く思っているので、恋愛に対して消極的で厳しい姿勢になっていることを暗示します。頭でっかちになってしまっている可能性がありますので、もう少し自分に正直に生きてみてくださいね。

離婚した夢が示す意味②:友達が離婚する夢

あなたの友達が離婚する夢は、夢占いにおいて、あなたが交友関係を広げたいということや有名な人達に憧れを持ち、そういう人達と友達になりたいという願望を持っているという暗示になります。

あなたは、自分もそういう人たちと関わる事で自分も特別な人になりたいと思っているのではないでしょうか。この夢の場合は自己中心的な考え方や虚栄心や傲慢さなどのあなたの強い欲求に対する夢からの警告になります。

周囲に対して言葉や態度に出ていないと思っていても、あなたの奥底にこのような気持ちがあるので、相手に伝わってしまう可能性があります。愛想をつかされてしまう可能性もありますので、注意しましょう。

離婚した夢が示す意味③:パートナーと離婚する夢

夢占いにおいて、パートナーと離婚する夢というのは、あなたの人生において周囲の環境や人間関係にあなたがついていけていないという恐怖を表します。離婚する夢というのはあなたが変わりたいという願いを持っている時々に見る夢となります。

そしてパートナーとの離婚をする夢は、その夢の中でのあなたの感情によっても読み解ける内容が異なっています。後悔や未練で落ち込んでいるとすれば、それは今の環境を見直すべきだと言えますので、いいチャンスだと捉えましょう。

逆にパートナーとの離婚において、良い感情を持っていたならば、あなたはもう既に新しい人生のスタートを切る準備ができているのではないでしょうか。あなたの夢の中での感情によって内容が異なりますので、どんな印象なのかをよく観察してくださいね。

離婚した夢が示す意味④:既に離婚した相手とまた離婚する夢

既に離婚した相手と離婚をする夢は夢占いにおいて、その相手と現在どのような関係にあるかによってその意味合いが異なります。あなたがその相手に未練があり、復縁をしたいというような願望がある場合は、単に願いとして夢に見たと言えるでしょう。

しかし反対に、その相手との関係が今現在においても悪い場合や憎しみなどの負の感情が強い場合は嫌悪感の象徴としてその相手が夢に現れます。ネガティブな感情だけが表れ、その相手とは別の嫌いな人、モノと複合している可能性があります。

その他にはその相手に対して特別な感情が無い場合や、何の前触れもなく突然離婚相手が夢に出てきたという場合はあなたが自分の過去との決別したことや次のステージへ足を踏み入れるという夢からのメッセージがあります。
小見出し5:【離婚した夢が示す意味⑤:旦那さんと離婚する夢】
旦那さんと離婚する夢の場合、夢占いにおいては逆夢になる可能性が高いと言えるでしょう。実際に離婚をしてしまうのか不安に思うでしょうが、心配しないでください。

旦那さんと離婚する夢というのは、逆に真に大切に思い、離婚したくないという強い思いが夢になっていると言えるのです。

あなたが離婚をしたくない、ずっと一緒にいたいと素直に思うのであれば、旦那さんに対して結婚した時と同じような優しい気持ち、思いで接してあげましょう。せっかく夢に見たのですからメッセージだと受け止めていきましょう。

こちらは旦那さんと明記しましたが、あなたが男性ならば、奥さんと離婚する夢であった時も同様の内容となります。

離婚した夢が示す意味⑥:以前付き合っていた相手と離婚する夢

以前付き合っていた相手と離婚してしまう夢を見た場合は夢占いにおいて、その人と精神的につながりたいという気持ちを表しています。

夢の中に出てくる相手は、あなたの中のプラトニックな愛情を表していますが、その相手と離婚するのはやはりこの人とは結婚できないという心の奥の正直な気持ちを反映していると言えます。

実際にその相手との関係が終わった理由を考えてみると納得ができるのではないでしょうか。元交際相手という設定で見知らぬ人の場合はあなたが感情的になりすぎているという夢からのメッセージとなります。

常日頃から感情的にならずに、落ち着いて話をすると良いでしょう。

離婚した夢が示す意味⑦:夫婦ゲンカをして離婚する夢

夢占いにおいて夫婦ゲンカをして離婚する夢はあなたがパートナーに対して不満を抱いていることを表しています。離婚の夢は正夢になることは少なく、むしろ逆夢として、人間関係のリセットやわだかまりの消失など、良い影響の方が多いと言えます。

しかし、他人の離婚ではなくあなた自身の離婚となると、話は違ってきます。現実に対しての不満やイライラが募っているという側面が多く出てきます。ケンカをして別れたと言うように理由が明確な場合、特に日常への不満へ対処していくことをオススメします。

離婚した夢が示す意味⑧:相手の浮気が原因で離婚した夢

相手が浮気をして離婚する夢は、夢占いにおいては過剰な不安の現れかもしれません。もちろん恋人やパートナーに浮気をされるのは嫌なものなので浮気されて離婚という状態が夢に出てくるとなると印象はあまりよくないと思います。

そうすると、本当に浮気しているのではないかと疑い、パートナーの細かな挙動まで、気がかりになってしまいますが、こうした夢が実際の浮気を示していることは、基本的にはありません。

実際問題として、浮気が原因で離婚するかどうかは二人の問題なので、そこまで夢に出てくるというのは、現実よりも不安が先に出てしまっている心理状態だといえます。

もちろん浮気されるのは嫌なものなので、不安かもしれませんが、ありもしない浮気を探られてギスギスされるのは、パートナーにとっても非常な負担となり、心が離れるきっかけにもつながります。

不安はあるかもしれませんが、もう少しパートナーを信頼してみても良いのではないでしょうか。

離婚した夢が示す意味⑨:自分の娘が離婚する夢

夢占いにおける離婚は、相手との関係への不安や自立心を意味するものです。多くの場合正夢となることは無く、相手に対しての愛情が強いことの暗示でもあります。

そしてあなたの娘が離婚する夢の場合は、娘がパートナーとの関係性に悩んでいたり、相手に依存していることから脱しようとしていることを暗示している内容となります。離婚をして気分が晴れやかになっている場合は、娘の自立心が非常に強いことが示されています。

反対に、離婚をして後悔をしている場合は、自立する心構えが準備中なことを伝えようとしています。どちらの場合も、相手に対して深い愛情を抱いていることを示すので関係は良好な可能性が高いです。

心配になったりせず、娘とそのパートナーとの今後を優しく見守ってくださいね。

離婚した夢が示す意味⑩:親戚が離婚した夢

親戚が離婚する夢は、夢占いにおいて人間関係に煩わしさを感じている証かもしれません。

普段は顔を合わせることがなく、特定の行事等が絡んで煩わしさを感じることがあるのが親戚付き合いです。そういった出来事はできれば敬遠したい場合も多いことでしょう。夢に出て来られても困る、という人が多いのも頷けます。

そのため、親戚が離婚する夢は、実際に彼らが別れるというのではなく、あなた自身が人間関係や親戚付き合いに相当な煩わしさを感じているという側面があります。

もしこうした夢を頻繁に見るようでしたら、あなたの人に対する距離感から考え直してみるのもありかもしれません。

離婚した夢が示す意味⑪:知り合いが離婚した夢

知り合いが離婚する夢は、夢占いにおいては前向きな変化の兆しの可能性が大きいとされています。結婚をした、出産をしたとなると、それほど親しくない人にも連絡をするものですが、逆に離婚したとなると、そうそう大げさに連絡はしないもの。

夢占いではそこまで親しくもない人が離婚をするという夢を見ることがありますが、これは、離婚の事実があるということではありません。離婚の夢の中には、心機一転や新たな出会いといった一面もあります。

新たな友好関係が待っている可能性もありますので、積極的に色々なところへ行き、行動してみるのはいかがでしょうか。

まとめ

 

離婚した夢の様々なケースについてこれまで説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。離婚する人、原因、あなたとの関係などによってその意味合いも異なってきますので、これまで述べてきたことを参考にあなたの見た夢と照らし合わせてみてください。

離婚した夢を見た場合は?

 

離婚した夢を見た場合、その後あなたがどう行動すればよいかを次に説明していきたいと思います。離婚する夢は基本的には逆夢として夢占いの中では扱われています。離婚という出来事に対して、不安があるからこそ夢に見てしまうものであるとされています。

特にパートナーの浮気であれば不安でしょうがないことと思います。しかしあくまでも夢ですので、パートナーが本当に浮気をしているかどうかはわからないものです。ありもしない浮気を疑うより、相手を信じてあげるほうがよいのではないでしょうか。

まとめ

 

これまで離婚した夢についてまとめてきました。ケースごとに内容が異なり、読み解きづらいかもしれませんが、夢に見たことを覚えておき、上記のケースに当てはめ、内容や解決策について考えてみてください。

Twitter
Facebook
Line

この記事のライター

mint

mint

mint公式アカウント