オパールが持つ意味は?パワーストーンとしての効果一覧!相性や浄化方法も紹介
更新:2020.4.29作成:2019.6.15
Twitter
Facebook
Line

オパールが持つ意味は?パワーストーンとしての効果一覧!相性や浄化方法も紹介

光の角度によって虹色に輝くオパールの持つ意味や効果を知っていますか?
10月の誕生石でもあるオパールは宝飾品として人気の石ですが、単に手にするだけでなくどんな成り立ちや効果を持っているのか興味を持って探ることにも十分意味があるのです。
この記事では、オパールの概要をはじめパワーストーンとしての意味や効果を一覧にまとめています。
オパールに関心がある方はもちろん、お手持ちのオパールをどう浄化すればよいのか迷っている人にもぜひ読んでいただきたいと思います。

Twitter
Facebook
Line

目次

オパールの概要

まずはオパールを鉱物学的な観点から解説していきます。
オパールの主な産地となっているのは、オーストラリアやメキシコです
鉱物の硬さを表す基準のひとつであるモース硬度は5~6.5。モース硬度においてもっとも硬いダイヤモンドが10となりますので、ジュエリーなどで普段使いするのにも比較的扱いやすい石だと言えます。
一般的なオパールのイメージは、乳白色で石の内部が虹色に輝く遊色効果を持っているプレシャスオパールと呼ばれるタイプでしょう。
遊色効果を持っているオパールは希少価値が高いことが特徴となっています。
一方で遊色効果を持たないオパールはコモンオパールやジュエリーオパールといった呼び名で流通しているものです。

オパールの持つ意味一覧

オパールにはどのような意味があるのでしょうか。
現在にまで伝わっていることの中からポイントをまとめていきますね。

創造性を高める

角度によって内部の色が微妙に変化するオパールは、太古の昔から不思議な魅力を持つ石として珍重されてきました。
個性的な姿は見る人のイマジネーションを掻き立てることから、創造性に結び付く意味を持つパワーストーンだと言われているのです。

エネルギーの象徴

古代ローマ時代の歴史書の中にも記述があるほど、昔から非常に貴重な石とされてきた鉱石がオパールです。
名前の由来はサンスクリット語の「upala(ウパラ)=貴重な石の意味」で、古代ローマの名だたる武将たちを魅了したととともに、エネルギーの満ち溢れる石として現在に至るまで人気を博しているのです。

第六感に作用

さまざまな権力が渦巻いていた古代ローマ時代において、オパールには人の心を読むことのできる石という意味があったとされます。
一説によると、自分にとって悪い影響を及ぼす人をオパールの力で事前に察知することができたと言われています。

視野を広げる

オパールはよい意味で自分の価値観を変化させ、経験の幅を広げるサポートをしてくれる石だと言われています。
またオパールは幸運の石の異名を持ちますので、自由な価値観のもとでよりよい運気の流れをつかむのにも役立ちます。

パーソナリティーを確立する

オパールは暗くふさぎ込みがちな心に輝きをもたらし、自分の進むべき道を選択させるという意味があります。

愛情を司る

オパールの成分には微量の水が含まれており、古代の人びとは枯渇した愛情を潤す水だと信じていました。
現代に置き換えるならば石のパワーで心が満たされ、深い愛情に包まれるという意味ととらえてよいでしょう。

オパールの効果一覧

続いては、気になるオパールの効果についてまとめます。
どのような効果があるといわれているのでしょうか。

ポジティブ思考に導く

物事を否定的に捉えがちなときは、オパールの力を借りるのが効果的です。
思考を明るく立て直し、前に進んでいく勇気が与えられることでしょう。

魔除け

パワーストーンの中でも強力な魔除けの効果を持つものがオパールです。
トラブルを未然に防ぐお守りとして身に着けてみましょう。

トラウマの解消

心の安定を図る方法のひとつに瞑想というものがありますが、オパールはより深い瞑想状態に導く効果を持つことでも知られています。
ブレスレットなど肌と自然に触れ合う形で身に着けてみるのがおすすめですよ。

心身のパワーチャージ

心と身体は繋がっており、どちらの元気が失われてもよい運気を呼び込むことはできません。
オパールには疲れた心や身体を元気づける効果が期待できますので、普段からストレスが溜まりやすいと感じる人には積極的に活用して欲しいパワーストーンとなります。

チャクラについて

オパールは、心臓にある第4チャクラと頭頂部にある第7チャクラに対応しているパワーストーンです
第4チャクラが開くことによって愛情のパワーが全開となり、第7チャクラを活性化させることでは無限の宇宙と繋がるチャンスも期待できます。
したがって愛情面で潤いたいときや未知のパワーに願いを託したいときは、オパールを使って意識的にチャクラを開いてみるのがおすすめです。
特に第4チャクラは人間の生と直結していますので、エネルギッシュな毎日を送りたい人にとって重要な意味を持っていることを忘れないようにしましょう。

オパールの意味や効果、チャクラのまとめ

オパールには、心を意識的に変化させると同時に身体を元気にしてくれる意味や効果があり、深い悩みの日々から抜け出したい人に向いているという特徴があります。
内に潜むネガティブな思いを取り去り明るい未来を望まれるなら、ぜひパワーストーンとしてのオパールを有効活用してみましょう。

相性のよいパワーストーン一覧

オパールを単独で持つより、よりスタイリッシュにほかの石と組み合わせて身に着けたい人もいるでしょう。
次は、オパールと相性のよいパワーストーンと効果について一覧にまとめています。

タンビュライト

オパールとタンビュライトの組み合わせは、恋愛に対して臆病になっているいる人におすすめです。
タンビュライトには良縁を結びつける意味があり、これまで見過ごしがちだった真の愛に気づかせてくれる可能性があるのです。

ブラックオニキス

イライラが先立ち本来の能力が発揮できずに悩んでいる人に試して欲しい組み合わせが、オパール×ブラックオニキスです。
はやる気持ちを押さえながら、湧き出してきたイマジネーションを形にするためには効果的な組み合わせとなることでしょう。

ムーンストーン

女性性や母性と関りのあるパワーストーンと言えば、ムーンストーンです。
オパールと組み合わせることで女性らしい優しさの部分が際立つようになり、パートナーとの繋がりがより強くなったり、子供との関係性が柔軟になったりする効果が期待できます。
女性として、または母親としての立ち居振る舞いに悩んだときは、オパールの効果を味方につけてみましょう。

トパーズ

未知の世界に踏み込んでいく勇気を与えてくれるパワーストーンがトパーズです。
オパールとの組み合わせでは良い運気の流れを呼び込み、積極的に受け入れる強い心をサポートしてくれます。

アクアマリン

日々の生活の中で水との関りが深い人は、オパールとアクアマリンの組み合わせもいいでしょう。。
オパールの成分に水分が含まれているのは一方で乾燥に対しての弱さを表していますので、パワーストーンとしての効果を常に一定に保つためにも水のパワーを持ったアクアマリンとの組み合わせで補うのが適しています。

シャッタカイト

心を開いてもっと広い交友関係を築きたいときには、オパールとシャッカタイトの組み合わせが効果的です。
また必要以上に自分を卑下したり、常にネガティブな気分に囚われている人にもぜひ試して欲しい組み合わせです。

オパールにおすすめの形状一覧

オパールの効果をさっそく試してみたいけれど、どんな形状のものが最適なのか迷う人もいるはずですね。
次はおすすめの形状を一覧にしてみましたので、選ぶ際の参考にしてみてください。

ハート型

愛情面の充実に効果を発揮してくれるオパール。
現状から一歩踏み出しよりよい縁を結びたいと願うなら、やはりハート型が最適です。
ハート型のオパールを選ぶことによって思いやりの心を育み、自分にふさわしい相手との出会いを引き寄せましょう。

丸・球型

丸や球体は360度の方向にエネルギーを発することのできる形です。
手にした感触もなじみやすく心を落ち着かせる効果がありますので、瞑想のパートナーとして用いることもおすすめします。

ピラミッド型

人知を超えた宇宙的なパワーを集めるとされるのがピラミッド型です。
対応するチャクラの位置から見ても特に宇宙的な繋がりが深いオパールだけに、ピラミッド型に加工されたアイテムを選ぶことの意味は非常に大きいでしょう。

たまご型

パワーストーンにおけるたまご型の意味は、再生や復活・誕生となります。
たまご型のオパールを選ぶことによっては、新た価値観で生まれ変わった自分との出会いが待っていることでしょう。内なるパワーを導き出す効果を信じて身につけることがポイントです。

勾玉型

古くは呪術や祭事に使われていたとされる勾玉は、パワーストーンとして用いる上でも人気の形です。
魔除けや開運の効果を期待する人にとって、試してみるべき型だと言えるでしょう。

オパールの相性とおすすめの形状のまとめ

オパールはポジティブなエネルギーを導き出してくれるパワーストーンとなるため、アクセサリーとして身につける際も同等か互いに効果を高め合う石の組み合わせとなるよう工夫することがポイントです
心の扉を開放するにはトパーズやシャッカタイト、女性らしさに対する効果を狙うならタンビュライトやムーンストーンといった石を選んでみましょう。
また形状についても、石のパワーをどう生かしていきたいのかに注目して選ぶことが大切です。

浄化方法について

パワーストーンを浄化する方法はいくつもありますが、石の特性に注意して適切な方法を取り入れていくことが重要です。
オパールに適した方法を一覧にまとめていますので、参考にしてみてください。

オパールによい浄化方法

・水晶クラスター
・流水
・月光浴
・音叉
・セージを燻した煙にあてる

これら5種類の浄化方法はオパールに適しています。
特に水晶クラスターによる浄化はおすすめですので、定期的な浄化でパワーチャージしたいとお考えなら、小粒のさざれ石を1セットご用意されておくと役立つでしょう。
ちなみにセージを使った浄化方法は過剰におこなわず、短時間で済ませると石の変質を防ぐことができます。

避けた方がよい浄化方法

・太陽光
・塩

オパールの浄化にあたって絶対に避けた方がよい方法は日光浴と塩で、いずれも内包する水分の蒸発を招いてしまうため注意が必要です。
天然石本来の美しさはもちろん、パワーストーンの意味に基づく大切な効果を失わないためにもお手入れの方法を適切に選択しましょう。

まとめ

オパールの意味や効果・魅力についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。
名前の由来ひとつとっても複雑な歴史を持ち、時代の移り変わりに沿って長く愛されてきた石がオパールです。
愛や明るい未来にご縁のある石となりますので、現状を変えていくきっかけが欲しい人にもぜひ役立てていただきたいと思います。
オパールの美しい輝きで素敵な明日を引き寄せましょう!

Twitter
Facebook
Line

この記事のライター:

mint

mint

mint公式アカウント